iPAQ日本語版 ソフトウェア 全紹介 コンパックオリジナル編 その1

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2001年4月12日(木)版

iPAQ日本語版 ソフトウェア 全紹介 コンパックオリジナル編 その1

「世界でもっともパワフルなPDA」としてギネスブックにも認定

←前へ↑↑一覧へ↑↑→次へ

■iPAQのソフト面をチェックする

 iPAQはフロントライト付きの反射型液晶を搭載するなどiPAQ独自の工夫も多い。その独自部分を支えるのがこのソフトウェア達だ。画面キャプチャーを中心に付属のソフトウェアを紹介したい。

Qユーティリティのセルフテスト画面

■Qユーティリティ

 コンパックのWindows CE機には昔から付属しているCOMPAQのオリジナルソフトウェアシリーズの"Qシリーズ"。その"Qシリーズ"がiPAQのROMに搭載され、そしてPocket PC対応になって戻ってきた。

まずはQユーティリティ。機能として3つだ。
 1つ目はセルフテスト。iPAQのハードウェアのチェックが可能だ。こうしたモバイル機器は毎日持ち歩くものだけに、時には落としてしまうなどどうしてもハードな使い方になってしまう。そうしたときにも気軽にハードウェアの状態をチェック出来るのがこの機能だ。

 2つ目は、プログラムラウンチャーとタスクの終了を行うことが出来るQメニューのカスタマイズ、そして3つ目は本体及びデータのバックアップの機能だ。


Qメニューにどのプログラムを表示するかのカスタマイズが可能だ
バックアップの画面。CFにバックアップが可能だ。
実際のバックアップ画面。左下のフォルダのアイコンでバックアップ先を内蔵メモリとストレージメモリを変更することが出来る。同時にデータのサイズも確認可能だ。
特徴的なのが連絡先の保存。データが飛んでしまった際にも復活が可能だ。携帯電話でもメモリが飛んでしまうともう二度と連絡を取れない人も出てきてしまう。iPAQと母艦をいつも同期させているユーザーは必要がないかもしれないが、iPAQを単独でつかう人には安心できる機能だ。

■QメニューとQスタート

 プログラムの起動とそのプログラムの終了を行うことができるのがこのQメニュー。Pocket PC自体の使い勝手を向上することが出来る。

 プログラムを分類し整理できるラウンチャーがこのQスタート。カテゴリ別に分類し、自分が使いたいソフトウェアをすばやく立ち上げることが可能だ。

Qメニューを起動した。ソフトウェアの終了もここからダイレクトにおこなうことが可能だ。
Qスタート。画面下部で自分で登録した"アプリケーション"を表示させている


Qスタートに登録したものをすべて表示させた。
Qスタートの下の"Q"のアイコンからこの
Qメニューを表示させることができる。




■Compaq iPAQ Pocket PC本体予約情報

 セブンドリームでは、2001/04/11(水)よりこのiPAQ Pocket PCの予約キャンペーンを開始する。値段は59,800円。今すぐ予約すれば4月23日頃(予定)に入手することが可能だ。近くのセブンイレブンで支払い・受け取りを行えば手数料もかからず無料、24時間受け取ることが可能だ。是非とも購入を考えている人はこちらも参考にしてほしい。

 同時にNTT-X STOREでも、2001/04/11(水)よりiPAQ Pocket PCの予約キャンペーンを開始する。値段は59,800円。今すぐ予約すれば販売開始日に入手することが可能だ。送料も全国無料だ。こちらもチェックするといいだろう。




iPAQ日本語版 ソフトウェア 全紹介 コンパックオリジナル編 その1

Reported by KATSUO


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (2951d)