ボリューム付ヘッドホン ソニー製 MDR-E837V

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2001年5月3日(木)版

ボリューム付ヘッドホン ソニー製 MDR-E837V

アクセサリでもっと快適! iPAQ編

 ↑↑iPAQ特集記事一覧↑↑次へ →


■ はじめに

 先週、前評判の高かった iPAQ が発売となった。
 WindowsCE FAN のハードウエア掲示板では、特定ロットの問題と思われる問題や、細かい問題などはいくつか報告されているが、多くのユーザーに幸せと満足をもたらしているようだ。かくいう私も、いくつか報告されている不具合など発生しておらず、いたって幸せな iPAQ ライフをスタートさせたところだ。
 こうした中で、自分が気が付いた問題点と、その解決方法を少し紹介してみたいと思う。

■ ヘッドホンで聴くと音が大きい!

 すでに発売前のレビューでも、大まかなスペックなどは紹介した iPAQ だが、実際に実機を使ってみて初めて気が付くこともある。

 その一つが、最初にぶつかった問題、「ヘッドホンで聴くと音が大きい!」というものだ。GFORT のように最初からボリューム/リモコン付のヘッドホンが付属していたり、E-700 のようにオプションで用意できる商品もあるが、他の機種でも、素のオープンタイプのヘッドホンを利用した際には、ボリュームの調整が大雑把過ぎるという問題はあった。これが、パワー溢れる(?) iPAQ の場合はさらに顕著だと言うことだ。他の機種では、頑張れば音量を最小限に設定することができ、その状態ならば、割と耳にやさしく聴くことができたのだが、iPAQ では、その状態でも十分に大きすぎた。

■ 解決策は、ボリューム機能付のヘッドホン

 というわけで、さっそく秋葉原で探してみると、ヤマギワのオーディオコーナーで、ソニー製のボリューム付のヘッドホンを発見することができた。型番は表題になっているソニー製ヘッドホンの「MDR-E837V」 だ。ちなみに、価格は、約 2,500円(税込み)。

中央の膨らんだところがボリューム

 私は耳の小さい人向きをゲットしたのだが、一回り大きいサイズの商品もあり、少々価格が高かった。
 写真にもあるように、プラグとヘッドホンの間に、非常に小さなボリューム機能がついている。非常に小さいため、購入前は本当に操作できるのかどうか不安もあったが、よほど手が分厚い方でない限り大丈夫だろうと思う。そもそも、ボリュームをコントロールするダイヤルの部分は、四角いボリュームから出っ張っているので、容易にコントロールすることは可能だ。

これがパッケージ前面。
ちなみにサイズ違いは色も異なる。
こちらはパッケージ背面
巻き取りケース付

 実は、秋葉原をいろいろ見て回ったのだが、MDウォークマンや、MP3プレーヤーのオプション品としてボリューム機能のついたヘッドホンは多数存在するものの、スタンドアロンのヘッドホンでボリューム機能がついたものは、このソニー製のものを含めて、3種類くらいしか見つけられなかった。

 他にも、いろいろ発見されていることと思うが

「これは!」

と思うものがあれば、ぜひ、教えて欲しい。WindowsCE FAN 上でアクセサリ特集をするときに掲載させていただきたいと思う。また、教えていただくのに大変恐縮ではありますが、メーカー、型番、購入価格なども参考までにお教えいただければ幸いです。
 webmaster@wince.ne.jp まで、お願いいたします。



ボリューム付ヘッドホン ソニー製 MDR-E837V

Reported by けいたん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3068d)