EPSON製カード型ボード CARD-PCIシリーズ

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2001年5月13日(日)版

EPSON製カード型ボード CARD-PCIシリーズ

組み込み用途に WindowsCE を使うならこれで決まり?

← 前へ↑↑DevCon2001特集↑↑次へ →

EPSONブース

■ はじめに

 Microsoft Windows Embedded Developers Conference 2001 の会場レポートと言うことで、多くの WindowsCE 組み込み機器を紹介してきた。

 こうした機器を開発する時に、欠かせないものの一つが、Microsoft が組み込み利用用に出荷している、「Platform Builder」 であり、もう一つが、ここに紹介する小型の WindowsCE 対応マザーボードだ。

■ EPSON の小型カード型マザーボード

 ここで、紹介するのは、EPSON 社の製造しているカード型のマザーボードだが、これ以上小型に出来なそうな PocketPC よりもさらに小型のボードとなっている。実際には、これに液晶パネルと電源が必要なため、PocketPC よりは大きくなってしまうのだが、こうした小型のマザーボードは、パソコンとは一味違ったさまざまなフォームファクタを実現するのに一役買っている。

 実際に、同会場に展示されていた WindowsCE 機器のうち、何機種かにも採用されているらしい。どの機種に採用されているかは、企業秘密とのことで教えてもらえなかったが、サイズなどを考えながらもう一度写真を見てみると分かるかも?

小型の液晶パネルが操作パネルを
兼ねる機器向けのイメージ
裏側、というかカード的には表側になるのかな?
写真ではうまく表現できていないが、
十分な視認性がある。
視認性のよいiPAQと比べると分かるでしょう
PocketPC より小さい。
液晶パネルサイズ
厚みも薄い。
このまま中に入りそう。
カードの右側のコネクタで、
機器の本体に接続する



EPSON製カード型ボード CARD-PCIシリーズ


Reported by けいたん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (4136d)