Windows2000 Server Appliance 新しい Windows サーバーのカタチ

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2001年5月17日(木)版

Windows2000 Server Appliance 新しい Windows サーバーのカタチ

もうひとつの devcon2001

← 前へ↑↑DevCon2001特集↑↑次へ →

■ はじめに

 Microsoft Windows Embedded Developers Conference 2001 レポートをお届けしている。DevCon 2001 ということで、組み込み系のエンジニアの参加が多い中で、組み込み用途向けの Windows2000 Embedded Version と、その応用例の一つである Windows2000 Server Appliance も展示されていた。

■ Windows2000 Server Appliance とは?

 最近、「Appliance」という単語は、業界の流行用語である。英和辞典を引いていただければすぐにおわかりだと思うが、「Appliance」という単語には「機器・器具」くらいの意味しかない。Windows2000 Server Appliance というのは直訳で意味を得るのなら「Windows2000 Server OS を利用した機器」という意味だ。

 実際には、この「Windows2000 Server Appliance」というのは、多くの PC メーカーの期待の商品なのである。「Windows2000 Server がプリインストールされて、エンジニアでなくても触れる気軽で取り扱いの易しいサーバー製品」 という意味がこめられた製品名なのだ。

 このメーカーの期待を表すように、会場には業界一位のデル・コンピュータをはじめ、NEC、富士通、日立、東芝といった老舗のコンピュータメーカーから、TWOTOP、プロサイドといった秋葉原のショップブランドまで幅広い機器が展示されていた。

■ 何ができるの?

 Windows2000 Server Appliance の機能については、それほど深く調査したわけではないので概略に留めるが、実際に内蔵されている OS は、Windows2000 Server から機能が削られたりしているわけではない。逆に、リモートからコントロールする機能などが余計に加わっているとも言えるバージョンだ。
 ただし、Windows2000 Server との大きな違いは、Office などのアプリケーションの追加や、SQL Server などのサーバーアプリケーションの追加について考慮されていないこと。
 用途としては、プリンタサーバーや、ファイルサーバー、簡単な Web サーバーくらいの機能を LAN の中で担うことが期待されている。特に Windows クライアントと相性がよいということで、ファイルサーバーとしての利用を考えているメーカーがもっとも多かった。Web サーバーなどについては、すでに各社インターネット・プロバイダー向けに提供しているものがベストと言うことなのだろう。

これが Windows2000 Server
Appliance の操作画面。
基本的にはブラウザから。
Web Server Appliance といって、
低価格な Web専用サーバー
大容量ファイルサーバー製品
こちらはファイルサーバー機能に特化し
低価格で、際限なく容量を増やせる。
ネットワークファイルサーバー市場を狙う

■ 「Server Applianceには期待している」という各社の本音は?

 DevCon の会場では、こうしたメーカーの方々に、

 「どのくらいの数が販売できると思っているのか?」

と話を伺ったが、さすがに展示者だけあって、ほとんど全員が、

「まだ売り始めの製品なのでどのくらい売れるかは分からないが、かなりいけると思う」

という回答を返してくれた。各社ともこれまで、PCサーバー製品に力を入れており、販売も拡大している。しかし、これまでの PCサーバー製品はどうしてもインストールに手間がかかるし、そのために購入先も大手企業などに限られてしまう面があった。これからは、数人の会社で、システムの専門家がいなくても購入してくれるはずだというものだ。価格も汎用の PCサーバーに比べて 2割程度安価な価格付けを考えているところが多い。

 しかし、PC製品は低価格化が激しいのもまた事実だ。こうした事情を反映してか、非常に正確にコメントをもらうと、

「Server Appliance」というカテゴリは、今後、PCサーバーを超えるセグメントになると考えている。しかし、Windows2000 Server Appliance がその主流になるとは思っていない。今回は、MSさんの展示会なので、これ一本だが、実際には Linux を採用した、かなり低価格の自信作がある

というものになるようだ。特に、ファイルサーバーや、サイボウズオフィスなどの動く単体の低価格サーバー製品には、各社とも大いに期待しているようである。

 組み込み用途で着実にシェアを拡大している WindowsCE ほど、「Windows2000 Server Appliance」が頑張れるかどうかは未知数だが、「Server Appliance」という動向はチェックしておいても損はない流れだと感じた。



Windows2000 Server Appliance 新しい Windows サーバーのカタチ


Reported by けいたん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3921d)