単三乾電池で動く!モバイルカラープリンタ登場 PDAからIrDAで直接プリントアウト

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2001年6月9日(土)版

単三乾電池で動く!モバイルカラープリンタ登場 PDAからIrDAで直接プリントアウト

Computex2001 in Taipei レポート

 ↑↑Computex Taipei 2001↑↑ 

スリムな外見と綺麗な印刷結果

■こんなプリンタ欲しくない?

なんとも驚くべき商品を見つけた。単三乾電池で使えてしまうモバイルプリンタ「Funfoto VCP-200」だ。しかし、このプリンタはそれだけではない。なんとこのプリンタ、昇華型でメチャクチャ印刷が綺麗。どうしてもモバイルプリンタというと印刷結果が汚いというイメージがあるが、これは全くそんなことを気にさせない写真画質だ。

本体の大きさは、ほぼ手のひらサイズというコンパクトさ。しかもバッテリーを含めた重量が350gという軽さを実現。モバイルプリンタの必要条件を満たしている。
この大きさだから当然A4などは印刷できず、プリントサイズはいわゆるカードサイズだ。プリクラの一番大きいサイズくらい。プリント機能としては、Full Print、Stickers Print、Memo Print、Index Printなどのモードが用意されている。

サポートされるインターフェイスはCompactFlash Card(Type?,?)、USB 1.0、IrDAが用意されている。IrDAがサポートされているということは、PocketPCなどから直接プリントアウトすることも可能になるということなのだ。


■商品化されたら自慢したい!

現在はまだ商品化の目処はついていないとのことで、市場への投入方法や時期を検討している模様。当然価格は未定。「現状使えるプリンタとしては最も小さいもののひとつ」ではあるのだろうが、早く商品化していほしいものだ。バッテリーで動くというだけで面白そう。

昇華型プリンタの特性と、軽量+コンパクト+乾電池駆動という特徴からすると、PDAで管理している写真や、キャプチャ画面などを美しく印刷するという用途に向いているように思われる。PocketPCとセットで持ち歩いて、超綺麗な写真を印刷して友達にプレゼントしながら自慢しよう!



単三乾電池で動く!モバイルカラープリンタ登場 PDAからIrDAで直接プリントアウト

Reported by SHIN


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3771d)