これ1つで、いろんな PDA とつなげられる 携帯電話接続型赤外線モデム iTAX-IrDA 購入編

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2001年6月18日(月)版

これ1つで、いろんな PDA とつなげられる 携帯電話接続型赤外線モデム iTAX-IrDA 購入編

iPAQでも、jornada525/548 でも、Palm m505 でも通信ケーブルはもう要らない!


携帯電話用の充電池くらいの大きさ

■ はじめに

 PDA の購入理由の中でも、比較的に上位にくるのが、「外出先でもメールを読みたい」というものだ。iモードなど、携帯電話のメール受信機能も日々強力になってきているが、普段使っているメールアカウントのメールを読みたい、添付フィルも読みたいと、使い勝手を考えれば、PocketPC や、ノートパソコンなどのモバイルマシンを利用するのが現実的な解決策となる。

 そんなときに課題となるのが、これらのモバイル端末と、携帯電話や PHS との接続方法だ。利用シーンにもよるが、モバイル環境でもっとも快適に使える通信端末としては、NTTドコモの「P-in Compact」や DDIポケットの「H petit」などがある。こうした CF TypeII タイプの通信線用カードは、多くの PDA の拡張スロットに内蔵させることが出来る。通信速度も速く、PDA 本体と一体となるため、歩きながらなどでも使いやすい。

 しかし、世の中では、PHS より携帯電話を使っている人の数の方が圧倒的に多い。必要なときだけしか、モバイルでメールを読まないので、普段使っている携帯電話と接続して使いたいという要望もあるだろう。今日紹介する「携帯電話接続型赤外線モデム iTAX-IrDA」は、こうしたライトユースのモバイル通信環境を手に入れたい方にはもってこいの商品だ。

 また、別記事で紹介するが、何台もの PDA を使い分けるヘビーユーザーの方にも、これ一つあれば各機種用の専用ケーブルが不要というわけで、必携の商品である。

■ 携帯電話接続型赤外線モデムとは?

 携帯電話接続型赤外線モデムは、PDA と、携帯電話をケーブルレスで接続することが出来るアクセサリだ。写真のように、赤外線モデムを携帯電話のお尻の部分にぷちっと差し込み、PDA の赤外線ポートと向き合わせる。こうすることで、PDA を「mopera(モペラ)」でインターネットに接続したり、ダイヤルアップで社内ネットワークに接続することが出来るのだ。

こんな風に携帯電話を赤外線ポートに近づけるだけ

 通常、PDA と携帯電話の接続には専用のケーブルが必要となる場合が多い。ほとんどの PDA の場合、こうした通信ケーブルは別買のアクセサリになっており、平均 5,000円前後と高価な場合が多い。また、専用ケーブルは PDA を買い替える度に、専用のケーブルを購入する必要があるが、この赤外線モデムは携帯電話側に接続するため、NTTドコモがコネクタの規格を変更するまで利用することが出来る。販売価格こそ、専用ケーブルより高価な \9,800 となっているが、2台以上の PDA に接続することを考えれば、十分元はとれる計算になる。(実際には、ヘビーユースの場合には、赤外線モデムに利用するバッテリ電池の費用も必要なので難しいところだが、その際の通信価格に比べれば安いものだろう)

 PDA 側では、通信の設定時に「COM1」や「P-in Compact」を選択する代わりに、「赤外線モデム」などを選択すればよい。後は、普通のモデムや、通信カードと同様に接続可能だ。また、Palm OS などではネットワークの設定時に「赤外線から電話」という項目を選択すればよい。

 また、パワーユーザーに人気の iPAQ や、エントリーモデルとして人気の jornada500 シリーズ、Palm m500 シリーズなど通信ケーブルが発売されていない PDA でも、赤外線ポートさえあれば、携帯電話と接続することが可能だ。これらの機種を購入した場合、通信用には高価な携帯電話モデムを購入するか、通信専用の P-in Compact を購入する必要があった。こうした通信手段はいずれも、PocketPC には一つしかない CF拡張スロットを占有してしまうという欠点があった。しかし、この赤外線モデム iTAX-IrDA を利用すれば、通信ケーブルのない PDA でもメモリカードと通信を併用することが可能だ。この点は注目すべきメリットといえるだろう。

■ iTAX-IrDA 対応機種

 さてこの iTAX-IrDA だが、対応機種は下記のとおりだ。WindowsCE 関連では、PocketPC が正式なサポートとなっているが、筆者のテストした限りでは、H/PC2000 InterLink MP-C303 でもまったく問題なく使用することができた。また、それ以外の旧機種でも、WindowsCE FAN の過去記事を参照して、モデム設定を記述することができるかもしれない。

対応OS PalmOS、PocketPc, WindowsMe/98SE/98
対応機種 N502it,NM502i,P502i,SO502i,D502i,F502it N502i,D209i,F209i,N209i,P209is,P209i,D208 F208,N208s,P208,R208,NM207,"
添付品 CD-ROM(携帯電話アドレス編集ソフト
(PalmOS、PocketPC対応) 、
ユーザーズマニュアル、 保証書

■ 終わりに

 さて、今回は「携帯電話接続型赤外線モデム iTAX-IrDA」について簡単に紹介を行った。通信ケーブルオプションのない PocketPC iPAQ や、jornada500 シリーズのユーザーには、ぜひチェックして欲しいアクセサリ製品だ。次回は、実際に使ってみた感触や、使い勝手を中心にレポートしていきたい。


■ iTAX-IrDA はここで買える

NTT-X Store - iTAX-IrDA

※ 現在在庫がないようだが、納期はそれほど長くないようだ。

その他、ヨドバシカメラ、ビックカメラなどのパソコン量販店でも取り扱いがあるようだ。



これ1つで、いろんな PDA とつなげられる 携帯電話接続型赤外線モデム iTAX-IrDA 購入編

Reported by けいたん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (2861d)