これ1つで、いろんな PDA とつなげられる 赤外線モデム iTAX-IrDA 動作検証編

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2001年6月18日(月)版

これ1つで、いろんな PDA とつなげられる 赤外線モデム iTAX-IrDA 動作検証編

iPAQでも、jornada525/548 でも、Palm m505 でも通信ケーブルはもう要らない!


携帯電話用の充電池くらいの大きさ

■ 携帯電話接続型赤外線モデム iTAX-IrDA

 携帯電話接続型赤外線モデム iTAX-IrDA について紹介している。この赤外線モデムというものについては前回簡単に解説したので、どんな用途なのかという内容についてはそちらを参照していただきたい。一言で言えば、携帯電話と PDA の間を接続するアクセサリである。

■ WindowsCE FAN で動作検証

 さて、今回は WindowsCE FAN で、この携帯電話接続型赤外線モデム iTAX-IrDA の接続テストを行なった結果を紹介する。テストに用いたマシンは、COMPAQ iPAQ H3630、カシオ CASSIOPEIA E-750、日本ビクター InterLink MP-C303、Palm m505 の4台だ。いずれも、2分程度の設定で簡単にインターネットに接続することが出来た。

 下記が接続検証時のイメージだ。写真を見てもぴんとこないかもしれないが、無事に接続することが可能だった。また、通信速度についても赤外線モデムの速度は、PDC タイプの携帯電話の通信速度である 9,600bps に比べて、格段に速いのでケーブル接続時に比べて遅いとか、そういう心配もない。

 一方で、H/PC Pro 以前のマシンや、Palm-sizePC ではデフォルトの設定ではこの赤外線モデムを利用することは出来ない。ただし、WindowsCE FAN の過去レポート(検証:赤外線ポート付公衆電話の利用について)を参考に赤外線モデムを利用する設定を行ってやればおそらく利用できるものと思われる。

iPAQ の通信時はこんな感じ。
CASSIOPEIA E750でも使える。
InterLink MP-C303 でも使える。
たぶん、他の H/PC2000 にも対応しているはずだ。
未だ通信アダプタの発売されていない
新機種 Palm m505 でもばっちり

 また、それぞれの通信設定については、それぞれ別項目で記事を作成したので、そちらを参照してほしい。

■ 終わりに

 今回は、4種類のマシンで動作検証を行なった。この結果のように、複数の PDA を所有していて、さらに携帯電話を使った接続を行いたい人にとっては、この iTAX-IrDA は非常に便利な製品だといえるだろう。

 また、Palm OS4.0 と新しいユニバーサルコネクタを装備した Palm m505 では現在まだ専用のモデムや通信アダプタが発売されていない。こうした PDA でも、赤外線ポートさえあれば通信できてしまう。

 新しい物好きのあなたにもぴったりかもしれない。少なくとも私にはぴったりだ。


■ iTAX-IrDA はここで買える

NTT-X Store - iTAX-IrDA

※ 現在在庫がないようだが、納期はそれほど長くないようだ。

その他、ヨドバシカメラ、ビックカメラなどのパソコン量販店でも取り扱いがあるようだ。



これ1つで、いろんな PDA とつなげられる 赤外線モデム iTAX-IrDA 動作検証編

Reported by けいたん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3100d)