米国PC Expoで発見!カシオの新PDA 写真で見る CASSIOPEA BE-300

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2001年7月7日(土)版

米国PC Expoで発見!カシオの新PDA 写真で見る CASSIOPEA BE-300

NY特派員!?からのイベントレポート


これが注目の新カシオペアBE-300

■BE-300世界初公開!

ニューヨークにも WindowsCE FAN 読者はいたようで、なんと米国PC Expoで世界初公開となったBE-300の写真を送ってきてくれた。匿名を希望されているのでお名前は公開しないが、感謝感激だ。今後も面白いネタがあればこのように写真とコメントをお送りいただきたい。
さて、ということで6/26にリリースされて以来、世界で初めてお目見えとなった新カシオペアを写真で見てみよう。

北米で発売されるこの「カシオペア」の型番は、「BE-300」。価格がそのまま型番になっているような感じがする。$300 ということで、その低価格さに目がいってしまうが、本体は薄く、また 167g とソニーの CLIE も真っ青な軽さとなっている。これで CF-TypeII スロットを内蔵するのだから、驚きなのだ。

その他、この新「カシオペア」は、CPU は 7月に発売される「E-750」と同じ、VR4131。ただしクロックが 166MHz 版だ(E-750は、クロックが 200MHz)。USB接続や、ステレオヘッドホンジャックなども特に省略はされていない。ディスプレイサイズは、PocketPC と同じだが、従来の 6万色表示対応の HAST TFT液晶から、3万2千色のカラーSTN液晶となっている。この他、ハードウエアスペックとしては、RAM が 16MB と少ないことが違いとなる。

注意したいのは、この新「カシオペア」は、いわゆる「PocketPC」ではないことだ。このため、Pocket Word や Pocket Excel のような「PocketPC」ようのアプリケーションはバンドルされない。ただし、OS は、PocketPC と同じ WindowsCE 3.0 をベースにしたものだ。今後、既存の PocketPC 用ソフトウエアがどの程度動作するのか、どの程度の作業で移植が可能なのかといった点が注目されることだろう。

PC EXPO会場(6/26〜 ニューヨーク)

固定で7つのショートカットアイコンがあるのが新しい。
プルダウンメニュー等、PocketPCではないとはいえWindowsのインターフェースはそのままだ。P-Excel/P-Word等が入っていないのが分かる。
E-700との比較。一回り小さくなっている。
厚みも若干うすくなったようだ。167g と超軽量なのも見逃せない。
CFスロットを搭載している。周辺機器はPocketPCで動けば原則動くのだろうか?もしそうだとしたらかなり注目だ!
本体底面。これまでと同じコネクタで、E-700用の携帯通信用ケーブル等はそのまま使えるのだろうか?

写真についているコメントは、おかもんが写真を見ながら付けたものであり現地で確認したものではないことをお断りしておく。



■カシオペア E-750限定セット e-カシオで発売開始

 e-カシオでは、2001/07/10(火)よりE-750のネット限定販売のセットモデルの販売を開始する。この限定セットは2種類。
 1. E-750本体
 2. E-750本体+C@rdH" petitセット
 上記セットとも49,800円だ。こちらには以下の特典がある。
 (1)e-カシオ特製ケース
  帆布製の特製ケース。今まであったケースとはひと味違うケースだ。
 (2)CASSIOPEIAパワーアップキット
  E-750用の厳選ソフトウェア55本が入った小冊子&CD-ROMのセットだ。
 (3)送料無料
 是非とも購入を考えている人はこちらも参考にしてほしい。



米国PC Expoで発見!カシオの新PDA 写真で見る CASSIOPEA BE-300

Reported by おかもん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3679d)