hp pocket camera 登場 付属のカメラ・アプリケーション紹介活用編

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2001年7月10日(火)版

hp pocket camera 登場 付属のカメラ・アプリケーション紹介活用編

え? jornada500 がデジカメに?

← 前へ 次へ →

■ はじめに

 hp から発表された、jornada用のコンパクトフラッシュタイプのデジタルカメラ・モジュール「hp pocket camera」の紹介を行っている。前回、「hp pocket camera」に付属のカメラ・アプリケーション操作性について紹介したが、今回もその続きだ。今回は、撮影後の写真データの編集や、送信機能だ。

■ hp pocket camera 付属ソフトウエア紹介

 今回は、付属のカメラ・アプリケーションの機能のうち、撮影後に利用する機能について紹介していこうと思う。

◎ Review モード

 撮影後の写真を閲覧したり、編集・加工、他の機器に送信したりすることができる機能だ。

View

 「hp pocket camera」の閲覧機能を使いやすくしているのが、このサムネイルの表示機能だろう。写真は他にもスライドショー表示することもできる。撮影した写真をざっと眺めるには便利な機能だ。

View その他の機能

 View オプションには、表示したようなものがある。

 スライドショー表示や、実サイズで表示 (Actual Size) などがある。何度も書いているが、スライドショーは、結構便利。

Edit

 Edit は、主に「PocketPC内」のアプリケーションと連携して利用するための機能だ。優れた機能として挙げられるのが「Resize and copy」機能(図右)だ。これは、選択した画像を自動的に縮小し、コピーバッファに入れてくれるもので、画像を扱う時の複雑な手順を一気に短縮してくれている。

 他には、画像の回転機能などもある。縦写真を撮った時には、後から回転の必要があるが、これらもカメラ・アプリケーションの機能として標準で搭載しているのは好感が持てる。

Send

 機能紹介の最後になるのは「Send」という機能だ。これは、撮影した写真を、jornada 外の機器に転送する機能だ。

 トップにある「E-mail」は、受信トレイのメールの添付ファイルとして画像をつける機能だ。これは、基本機能と言えるだろう、

 面白いのはここからだ。「IrOBEX」は赤外線プリントの機能を持ったプリンタとの通信に利用する。この機能を持ったプリンタに、jornada をかざすと撮影した写真の印刷ができてしまう。また、「Infrared」は、赤外線受信のできる機器に写真を転送する機能である。

■ 続き

 以上、「hp pocket camera」の概要、スペック、概観の写真、撮影サンプル、付属のアプリケーション紹介と順番に紹介を行ってきた。
 次回、この「hp pocket camera」はどんな使い方を実現するのかについて紹介して、この魅力的なアクセサリの紹介を終わりたいと思う。

次へ →




hp pocket camera 登場 付属のカメラ・アプリケーション紹介活用編

Reported by けいたん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3742d)