写真で見る 東芝 GENIO e 周辺機器 GENIO e 専用アクセサリ

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2001年7月18日(水)版

写真で見る 東芝 GENIO e 周辺機器 GENIO e 専用アクセサリ

世界の東芝の技術力が総集結!

←周辺機器 その1へ↑↑東芝GENIO e記事一覧↑↑→周辺機器 その3へ

■ 東芝 PocketPC「GENIO e」発表会に展示されていた周辺機器たち

 前回、Bluetooth カードや、GPSカードなど先進的なアクセサリを紹介したが、今回は「GENIO e」専用のアクセサリをいくつか紹介しよう。

 パソコン本体との同期(Active Sync)に利用するシリアルケーブルや、リモコン付きヘッドホン、カラーサイドパネルなどを紹介する。

◎ 同期ケーブル

 他社の PocketPC でも基本的に用意されている同期ケーブルだ。GENIO eには標準で「USBクレードル」が付属するが、それが利用できない環境の人は、これらのオプション・ケーブルを利用する必要がある。

◎ リモコン付きヘッドホン

 NTTドコモの「GFORT」ではリモコン付きヘッドホンが標準で付属していた。これに伴い、Windows Media Player で、リモコンを利用するためのドライバも用意されていた。
 「GENIO e」では、Windows Media Player の代わりに、フルスクリーンでの動画再生にも対応した「Windows Media Player 7.1」が ROM に搭載される。このプレーヤーが、リモコンに対応するかどうかは注目のポイントだろう。他社のリモコンは、今のところは Windows Media Player7.1 に対応しない。

◎ カラーサイドパネル

 カラーサイドパネルは、「GENIO e」の独特のアクセサリである。4色入って \2,000 程度を予定しているといい、なかなかリーズナブルな価格に思える。これを利用すると、「GENIO e」の両脇のカラー (標準ではブルー) を交換することで自分の好みの色にすることが可能だ。

 カラーバリエーションといえば、カシオの「CASSIOPEIA E-700」シリーズが有名だ。全部で 8色が販売されている。ただし、こちらは後から色を交換したりすることができないところが東芝「GENIO e」とは異なる点だ。その意味では、iPAQ のカラージャケットと同じようなコンセプトといえるだろう。

■ 専用アクセサリのまとめ

 このように、東芝「GENIO e」の専用アクセサリは、非常に気が利いたものが多い。悪く言えば、後発の立場を活かし、過去に PocketPC を開発しているメーカーが実現して好評だった内容はすべて取り込んでいるといっても過言ではないだろう。

 「PocketPC Happy Birthday Party」の中でも「PDA事業は2006年までは止められない」というコメントがでるなど、その意気込みの強さが感じられる。

 意気込みが感じられるだけに早く実機の完成度が知りたいところだ。

シンクロ用シリアルケーブル。これがあればクレードルのない出先でも同期できる
左のシリアルケーブルのUSB版。
リモコン付きヘッドフォン。液晶こそついていないが、シンプルで使いやすい作りだ。ヘッドフォン部分だけ交換できるのも好印象。
カラーサイドパネルとスタイラス。サイドパネルは簡単に交換できるので、TPOに応じて使い分けたいところ。




■東芝 GENIO e Pocket PC本体予約情報 7月23日開始予定

 東芝のGENIO e公式サイトでは、7月23日よりこのGENIO e Pocket PCの予約受付を開始する。値段は7万円前後と10万円前後を予定している(税別)。予約開始後、すぐに予約すれば発売日の8月20日(予定)に入手することが可能だ。是非とも購入を考えている人はこちらも参考にしてほしい。
 また、GENIO e公式ホームページでは、WEBへの体験記等の掲載を条件に、モニターも10名ほど募集している(7月16日〜25日まで)。ぜひ一度覗いてみるといいだろう。




■WindowsCE FANオススメソフトウェアコーナー オープン
  〜 Pocekt PCのソフトウェアが日本語 / 日本円で買える! GENIO eでも動く!?〜

 海外製のPocket PCソフトウェアを買おうとおもったら、いきなり英語が出てきてしまい、購入するのをやめた、とか、日本のシェアウェアを購入しようとしたら、クレジットカードをもっていなければ購入できないのなどの経験は、Pocket PCを利用しているユーザーなら誰でも一度は経験していることだろう。
 もうこれからはそうした心配も必要はない。WindowsCE FANのソフトウェア販売ページがαオープンする。当然ながら日本語で購入することが可能になる。また一部のソフトウェアには日本語マニュアルも用意されている。これで、せっかくダウンロードしたのに、遊び方が分からない!といったこともこれからは心配無用だ。
 支払い方法も豊富に用意されている。このWindowsCE FANソフトウェア販売ページならVISA,Master,JCBなどのクレジット
カードの他に、WebMoneyによる支払いにも対応しているので、クレジットカードが無くても購入することが可能だ。

 ・WindowsCE FANおすすめソフトウェアコーナー - WindowsCE FAN

 ・新ソフトウェアライブラリβ版 - WindowsCE FAN



写真で見る 東芝 GENIO e 周辺機器 GENIO e 専用アクセサリ

Reported by square


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3773d)