写真で見る 東芝 GENIO e 周辺機器 モデム、LANカード、そして、バーコードリーダー!?

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2001年7月18日(水)版

写真で見る 東芝 GENIO e 周辺機器 モデム、LANカード、そして、バーコードリーダー!?

世界の東芝の技術力が総集結!

←周辺機器 その3へ↑↑東芝GENIO e記事一覧↑↑ 

■ 東芝 PocketPC「GENIO e」発表会に展示されていた周辺機器たち

 東芝が発表した PocketPC「GENIO e」の周辺機器紹介も、今回が最終回となる。

 今回は、56Kbps モデム、有線 LAN カード、バーコードリーダーなどを紹介する。

◎ 56Kbpsモデム、LANカード

 56Kbps モデムや、LANカードは、すでに発売されているものがほとんどだ。WindowsCE FAN で紹介したカードも含まれている。特に、モデムや、LANカードは価格も \5,000 前後と手軽な価格なため、自宅や会社で PocketPC を利用される方は、導入を検討してみてほしい。

◎ バーコードリーダー

 PocketPC 本体が小さく見えてしまうアクセサリがこの「バーコードリーダー」だ。ペンタイプの先でバーコードをなぞると、それが入力できる。
 PocketPC を利用した在庫管理、倉庫の発送管理などにも利用されるだろ。

◎ In-Hnd Scanner

 正体がよく分からなかったアクセサリがこれ「In-Hand Scanner」。これを製造 or 販売されているメーカーの方がご覧になっていたら、ぜひご一報いただきたい。ぱっとみるところ、名刺程度のものがスキャンできるようにも見えるが、そうだとしたらすごい。※1



※1 掲示板で「ささき(ひ)」さんからご連絡をいただきました。これもバーコードスキャナーで特長はペンタイプと違って、かざすだけで読み取れるということです。

 なお発売は、Socket Communications 社。製品の URL は、http://www.socketcom.com/product/bar_inhand_sys.htm とのこと。


CFサイズのアナログモデムカード。デザインが同一に見えるのはOEM製品なのだろうか?
初めて見たバーコードリーダインターフェース。接続はCF型のカードによって行われる。まさに企業向けだ
CFサイズの有線LANカード。製品のバリエーションも増えてきたものだ
右はGPSカードだが、左の「In-Hand Scan Card」は正体不明。ハンディスキャナだったりするのだろうか?

■ 終わりに 以上で、東芝期待のPocketPC「GENIO e」のアクセサリを紹介してきた。やはり、CFスロットの拡張性の高さを改めて裏付ける結果となっている。ここで紹介してきたアクセサリは、恐らく他の CFモデルの PocketPC でも利用できるだけに、注目するべきだろう。 また、Bluetooth カードや、価格がこなれてきたSDメモリカードなど、小型のアクセサリも利用できるところが、東芝 PocketPC「GENIO e」の優れたところといえるだろう。 豊富な周辺機器が利用できるとなると、気になるのはやはりバッテリ容量。連続通信時間2時間と、若干短めなため、実機の登場が待たれるところだろう。


■東芝 GENIO e Pocket PC本体予約情報 7月23日開始予定

 東芝のGENIO e公式サイトでは、7月23日よりこのGENIO e Pocket PCの予約受付を開始する。値段は7万円前後と10万円前後を予定している(税別)。予約開始後、すぐに予約すれば発売日の8月20日(予定)に入手することが可能だ。是非とも購入を考えている人はこちらも参考にしてほしい。
 また、GENIO e公式ホームページでは、WEBへの体験記等の掲載を条件に、モニターも10名ほど募集している(7月16日〜25日まで)。ぜひ一度覗いてみるといいだろう。




■WindowsCE FANオススメソフトウェアコーナー オープン
  〜 Pocekt PCのソフトウェアが日本語 / 日本円で買える! GENIO eでも動く!?〜

 海外製のPocket PCソフトウェアを買おうとおもったら、いきなり英語が出てきてしまい、購入するのをやめた、とか、日本のシェアウェアを購入しようとしたら、クレジットカードをもっていなければ購入できないのなどの経験は、Pocket PCを利用しているユーザーなら誰でも一度は経験していることだろう。
 もうこれからはそうした心配も必要はない。WindowsCE FANのソフトウェア販売ページがαオープンする。当然ながら日本語で購入することが可能になる。また一部のソフトウェアには日本語マニュアルも用意されている。これで、せっかくダウンロードしたのに、遊び方が分からない!といったこともこれからは心配無用だ。
 支払い方法も豊富に用意されている。このWindowsCE FANソフトウェア販売ページならVISA,Master,JCBなどのクレジット
カードの他に、WebMoneyによる支払いにも対応しているので、クレジットカードが無くても購入することが可能だ。

 ・WindowsCE FANおすすめソフトウェアコーナー - WindowsCE FAN

 ・新ソフトウェアライブラリβ版 - WindowsCE FAN



写真で見る 東芝 GENIO e 周辺機器 モデム、LANカード、そして、バーコードリーダー!?

Reported by square


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3772d)