コンパクトでかわいらしい「シグマリオンII」 そのデザインは一番の長所

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2001年8月22日(水)版

コンパクトでかわいらしい「シグマリオンII」 そのデザインは一番の長所

ゼロハリバートンデザインの小さくてかっこいいハンドヘルド

←前へ↑↑↑記事一覧↑↑↑ 

■ 美しさとコンパクトな可愛さが両立する「シグマリオンII」

 さて、8月21日に発表されたばかりの「シグマリオンII」の紹介を行っている。前回紹介したように、「シグマリオンII」には、ざっと気が付くだけで、12の優れた特徴があると述べた。

 今回は、その第一番目の特徴である、「ZERO HALLIBURTON (ゼロハリバートン)」デザインについて、多くの写真を元に紹介していきたい。基本的には、人気のあった前機種「シグマリオン」と同じ筐体と考えていいようだ。「シグマリオンII」では、これに NTTドコモが10月から正式に開始する次世代携帯電話接続サービス「FOMA」対応の通信機器を接続するための端子がついた形だ。

■ 写真で見るシグマリオン

 それでは、「シグマリオン」の美しく、コンパクトなかわいらしさを写真で体験してみてほしい。ちなみに、写真は何枚も撮ってみたのだが、自宅の蛍光灯光源と3年以上前のデジカメでは、この程度が限界らしい。これからシグマリオンII は毎日蛍光することになると思うので、機会をみて、屋外などでも写真撮影をしてみたいと思う。

ゼロハリデザインの本体上面
本体を開くと、真っ白で美しいキーボードと液晶パネルが現れる
本体上面の「DoCoMo」ロゴ
本体前面の楕円リングは、「ZEROHALLIBURTON」ロゴ
個人的にはこの角度がむちゃくちゃキュート
本体はもちろん180度開くんです
右の角は、P-in master
というわけで、「sigmarionII」なのです。

■ まとめ

 「シグマリオン」のデザインは、ハンドヘルド機器を普段利用しない人々にとっても魅力的なようだ。普段、筆者がいろいろなハンドヘルドを使っていても、見向きもしない人たちが、コンパクトなかわいらしさに興味を示す。美しさという意味で、頭ひとつ秀でる日本ビクターの InterLink MP-C303 は、どちらかというと男性の支持が高いが、シグマリオンは、そのコンパクトさからか、女性の支持が多いように感じる。まあ、これは、筆者の身の回りだけの話なのかもしれない。

 「シグマリオン」のようなハンドヘルドや、PDA を利用したモバイル・ワークスタイルというのも、今では最先端のビジネスシーンや、プライベートでは、ごく普通のものになってきたように思う。3年前に、必要に迫られて電車の中にどでかい IBM ThinkPad などを持ち込んで、がちゃがちゃやっていた時代はすでに過去のものになっていると思う。こうした中、携帯電話から、ノートパソコンまで、こうしたパブリックスペースで使うワークツールには、すべからくスタイリッシュなデザインが求められる。

 新しい「シグマリオンII」も、詰め込まれた多くの機能に妥協せず、素晴らしいデザインを継承していると言えるだろう。

 次回は、「シグマリオンII」に搭載された、MIPS互換CPU Vr4131 200MHz のパワーについて紹介しよう。



コンパクトでかわいらしい「シグマリオンII」 そのデザインは一番の長所

Reported by けいたん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3833d)