早速触ってみました 写真で見る「l'agenda」<第1回>

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2001年9月14日(金)版

早速触ってみました 写真で見る「l'agenda」<第1回>

カシオペア 「l'agenda」 BE-500 業界最速レポート!!

←前へ↑↑記事一覧↑↑次へ→

■写真でチェック!

早々開発段階にあるエンジニアリングサンプルを触ることが出来たので、写真を中心にチェックしていこう!なお、開発中のサンプルであるため、最終的に製品ではこれと仕様が変更する可能性があることをお断りしておく。

標準で添付されているフリップカバーは半透明。簡単に取り外すことができる。また、本体には赤外線ポートやスピーカー、マイク等が無いため、かなりスッキリとした感じだ。CFスロットのカバーは、取外し式のプラスチック製だ。
操作してみた感じでは、ボタンを押した感触がカチッとしており、好感が持てる。Palmを彷彿とさせるような感じだ。また、画面下部にはアプリケーション等を一発起動するためのショートカットアイコンもある。

正面から。フリップカバーが半透明なのが分かる。
右側。フリップカバーをあけるとこの角度になる。
上部。写真左側にスタイラス、中央のCFスロットが見える。
左側。すっきりと何もない。
背面。WindowsCEである証「WindowsPowerd」のロゴ。
CFスロットカバーを外したところ
電源を入れてみた。
ボタンを押した感触がカチっとしており好感が持てる
クレイドルにさしたところ。
開発機ながら既に日本語で動いている。



早速触ってみました 写真で見る「l'agenda」<第1回>

Reported by おかもん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3068d)