人気のNTTドコモ「シグマリオンII」連続通信 驚異の7時間30分

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2001年9月18日(火)版

人気のNTTドコモ「シグマリオンII」連続通信 驚異の7時間30分

WindowsCE FAN スタッフのやけっぱち太っ腹企画

 ↑↑↑sigmarionII一覧↑↑↑ 

シグマリオンII + P-in master

■ はじめに

 これまで、「PocketPC のバッテリは、実際どのくらいの時間使えるのか?」というテーマで P-in master と、iPAQ Pocket PC、GENIO e550、CASSIOPEIA E-750 などを組み合わせて、連続通信時間のテストを行ってきた。

 今回は、飛び入りで、H/PC2000 機である、シグマリオンII(sigmarionII) と P-in master を組み合わせて、連続通信時間を測定してみた。

 方法は前回までとまったく同じだ。P-in m@aster を使って mopera に接続し Internet Explorer を連続表示させた状態で、連続通信時間を測定している。

■ シグマリオンII には泣かされました - 7時間半達成

 というわけで、測定条件は前回同様で、下記のとおりとした。

利用機器: NTTドコモ sigmarionII (32MB RAM/16MBカスタムメモリ内蔵)
バックライト: 最低 (明るさを最小にして、15secで消灯の設定)
バッテリ: 標準、一旦警告がでるまで使い切って、充電。
      充電完了直後に、測定開始
通信機器: NTTドコモ P-in master
ダイヤル先: mopera (166)
利用アプリ: Pocket Internet Explorer
テスト内容: WindowsCE FAN のレビューを自動的に連続再生する
(サーバーに負荷がかかるため、ここでは公開しませんが、表示内容は PC用のレビューページと同じものです。) つまり、測定中は、基本的に PocketPC に触れていません。
 あまりブラウザの安定性は高いとはいえず、結構何度もリブートするハメにはなった。

■ 結果

 さて、気になる詳細結果は下記のとおりだ。なんと強制電源オフされるまで、7時間26分

 これは、これまで、最高だったカシオ CASSIOPEIA E-750 の5時間40分を軽く上回る。軽い気持ちで、午後9時くらいから始めたのだが、終わりはしない。完全にはまった感じだ。

 テストに用いたバックライトが最低の状態でも、完全にバックライトがオフになっているわけではないようで、室内では十分表示を見ることが可能だった。余りに長いので、途中、何度か掲示板を読んだりもした。それにしても、このテストは辛かった。頭はくらくらするし、正直、二度とやりたくないと思った。

 ちなみに、この「シグマリオンII」だが、CPU は、前回いい記録を出した、カシオ CASSIOPEIA E-750 と同じ「Vr4131(200MHz)」である。これらの結果から考えると、MIPS は低消費電力だと言えるのではないか。Intel の発表では StrongARM も消費電力が低いことがウリだが、NEC には及ばないようだ。

 なお、下記に測定履歴も記しておく。

 結果をみてもらえば分かるとおり、何を持って「連続使用時間」といえるか、というのは難しい結果となっている。筆者のようにデータの紛失が心配な人は、4時間半とみるだろうし、ホームページの閲覧など、それこそマシンのバッテリの最後の一滴 (実際にはオイルで動いてるわけではないのでご注意を) まで使い切れる場合には、7時間半持つともいえる。

 ただ、実際のシグマリオンII の利用感からは、これほど長い時間連続利用できる気はしない。バックライトを目一杯強くして、キーボードをバリバリにたたきまくると、4時間弱で、最初の警告がでる。(バックライトを落とせばまだ大丈夫) このことから、シグマリオンII においても、バックライト使用が、連続使用時間の大きなかぎを握っていると言えそうだ。

■ 結果詳細

0:00 モペラに接続し、測定開始

 何度か、「ページに接続できません」というようなエラーがでたため、リセットして、つなぎなおすという動作を行った。

4:30 「バッテリ警告」のダイヤログが表示される。
   この警告を消して、そのまま続行

   このあたりまではおおむね妥当。
   しかし、ここからが長かった。

   およそ、10分に1回の割合で、警告ダイヤログが表示された。

6:00 この頃から、警告ダイヤログの表示回数が多くなる

およそ、5分に1回の割合で、警告ダイヤログが表示された。

7:26 ようやく、シャットダウン。
   再度電源を入れたところ、
   「過度な電流が流れたため、システムをシャットダウンします」
   と表示されて、直後に電源が落ちるようになる。



人気のNTTドコモ「シグマリオンII」連続通信 驚異の7時間30分


Reported by けいたん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3765d)