PocketPC用画面モード切替ツール 【第2回】JS Landscape v2.0e
- 実際に使ってみました

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2001年10月4日(木)版

PocketPC用画面モード切替ツール 【第2回】JS Landscape v2.0e - 実際に使ってみました

PocketPC の画面を大きく!

←第1回へ↑↑↑↑本記事一覧へ↑↑↑↑第3回へ→

ソフト購入ソフトウェアライブラリ
詳細情報おすすめ
TOP

■JS Landscape 2.0 画面変更方法

 さて、インストールが完了したら早速画面を切り替えてみよう。

 設定方法はとても簡単にできる。スタートメニュー → JS Landscape をタップすると設定画面が立ち上がり、あとは希望のサイズを選択し「Apply & Restart」 をタップすると、自動でリセットがかかる。

スタートメニュー → JS Landscape を選択

iPAQの設定画面
CASSIOPEIAの設定画面

 ちなみに、Landscapeモード(横画面)に変更したい場合は、設定画面でPocketPCが表示されている左右の矢印をタップすることで、どちらの向きにもすることができる。
 解像度は、高くしすぎると表示が小さくなってしまうので、長時間使用するには目に負担がかかってしまう。そのため、"Hires (360*480)"くらいが扱いやすく文字も読みやすいレベルといえる。

"Hires"を選択し、「Apply & Restart」 をタップ
リセットがかかり、360*480で表示される

■文字を小さくするだけが能じゃない

 画面サイズの小さいPocketPCを有効に使うために、解像度を高めることのできるJS Landscape 2.0 だが、表示が小さくなるため作業がしずらい場面も多数出てくると思われる。そんな時、便利な機能が「ズーム」だ。この機能は、JS Landscape 2.0 をインストールすると自動的にハードウェアボタンに割り当てられる。具体的には、iPAQは、左から2番目の「連絡先」ボタン。CASSIOPEIAは、右側の3つのボタンの一番上「メニュー」ボタン。E-750、GFORTは左側の「録音」ボタンになる。
 解像度を高くしたときにズームボタンを押すことによって特定の場所が拡大され、カーソルボタンで拡大する場所を移動できる。この機能によって、PocketIEなどで文字の読みにくいときでも、ボタン一発で瞬時に拡大できるので非常に便利だ。

WEBは見やすいが文字が小さく読みづらい...
そんな時はズームボタンをPUSH
拡大すれば読みやすくなり、カーソルボタンで
拡大部分の移動も可能

 もし、ズーム機能が「どのボタンにも割り当てられない!」とか「割り当てられるボタンを変更したい!」といったときは、PocketPCのボタン設定から変更しよう。

 割り当てる順序は以下の通りだ。

 1.ファイラーなどで Windows フォルダにある「JSZoom.lnk」をコピーする
 2.「JSZoom.lnk」を、Windows フォルダのスタートメニュー、又はプログラムに貼り付ける
 3.スタートメニュー → 設定 → 個人タブ・ボタン をタップする
 4.「お気に入りのプログラムをハードウェアのボタンに割り当てます。」より、割り当てたいボタンをタップし、
   「ボタンに割り当てるプログラム」で「JSZoom」を選択し、OKをタップする
 5.再度、JS Landscape を実行すると、ズーム機能が新たに選んだボタンに割り当てられる

■ データの閲覧にも便利

 WEBの閲覧に活躍するJS Landscape 2.0 は、データの閲覧にも大変重宝する。Pocket Excelなどの表計算ソフトは、データの量が多いとスクロールする回数も必然的に増え、とても効率が悪くなってしまう。そんな時、解像度を上げることによってデータを表示できる範囲が広くなり、一度にたくさん閲覧することができるのだ。

Pocket Excelでも重宝




PocketPC用画面モード切替ツール 【第2回】JS Landscape v2.0e - 実際に使ってみました

Reported by カツヤ


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (4020d)