日立製作所WIA

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2001年10月4日(木)版

日立製作所WIA

エレショーとCOMJAPANが統合されて2回目を迎えたCEATECレポート


■はじめに 日立WIA とは?

6月のビジネスショウ2001で島津製作所が展示していた品ではあるが、日立製作所がザイブナー社とOEM供給してから初の日立製作所としての展示であった。
詳しくは以下参照ください。
WindowsCEベースの「WIA」を体験しよう!島津製作所ブース

■ 日立ブース

今回の日立ブースには謎のモノが盛り沢山だ。
外見からいっても、いつもの日立節ブースではない。(^^;
展示場所はモバイルコーナーの中央あたりだ。

■簡単な説明

WIAを固定する
コントローラ

日立WIAは写真のように
1.頭で眼の前あたりに位置するスクリーン(片目)を固定し、
2.腰に本体をつけ、
3.マウスより小さなサイズのコントローラで本体にあるWindowsCEマシンを操作する
というものだ。
これにより、WIAから一度手を離しても頭で固定されているので様々な作業がWIAの操作と並行して出来るようになった。

製品仕様
SVGA(800×600)採用
CPU----SH4
OS-----Windows(R) CE 3.0
メモリ---32MB RAM
総重量---310g
コンパクトフラッシュスロット
USBポート


■ちょっと気になった点

透過、不透過の設定
ウェアラブルディスプレイの透過、不透過はディスプレイの裏の黒い蓋のようなものを除けばよい。
ただ、一人では取り外しが困難であった。


■個人ユーザにとって

現在の日立のWIAは個人ユーザにとって難しい位置付けになっている。(使用目的があまり見当たらないのだ)しかし、近くこのWIAが少しの変化を遂げて我々に新しい楽しみ方を教えてくれるような気もするのだ。



日立製作所WIA

Reported by こずもん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (4143d)