Active Sync 3.5 日本語版 キャプチャ付 インストールガイド (その1)

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2001年10月25日(木)版

Active Sync 3.5 日本語版 キャプチャ付 インストールガイド (その1)

PocketPC2002 に対応した最新版

  その2 へ→


■ActiveSync3.5 登場

2001年10月10日から ActiveSync3.5 日本語版が提供されている。PocketPC2002 搭載の製品がこれから各メーカーから市場投入されるが、それにいち早く対応したシンクロソフトの最新版がこの ActiveSync3.5 日本語版 だ。
PocketPC2002の機能強化に伴った強化もあるが、それ以外にも、東芝 GENIO e の設定ファイルも含まれるようになったという点も忘れてはならない。GENIO e は ActiveSync3.1 が提供されてから発表されたため、設定情報が含まれておらず、結果的に

  1. ActiveSync3.1 のインストール
  2. 付属の CD-ROM で GENIO e の設定情報を追加インストール
  3. クレイドルでPC本体と GENIO e を接続し、シンクロ

という手順を踏まなければならなかった。しかし、今度のバージョンアップでその手間も必要なくなり、GENIO e ユーザが、より簡単に ActiveSync の設定をすることができるようになった。すばらしい(^^) (→FAQ参照

■まずは ActiveSync3.5 日本語版を入手しよう

マイクロソフトWebサイトの以下のURLからダウンロードできる。3.7MB程度なので、ADSLを利用している私は全く気にならないファイルサイズだが、アナログやISDNでのアクセスの方は、ちょっと時間がかかるのでご注意頂きたい。今後は、もちろん新製品に同梱されてCD-ROMが配布されると思うので、そちらからのインストールも可能だ。

http://www.microsoft.com/japan/mobile/pocketpc/downloads/activesync3.5.asp

「日本語」をクリック
使用許諾契約に「同意する」
「ダウンロード」をクリック





■インストールしよう

注意!!
気が早い人は、ついつい最初に PC と本体の接続を急ぎたくなるが、ここはガマンして、必ず先に ActiveSync3.5 のインストールを行う。順序を間違えると、「不明なデバイス」としてWindowsに認識されてしまい、一旦 ActiveSync3.5 をアンインストールするという手間が発生してしまう。急がばまわれ!だ!!(→対処手順はFAQを参照

このアイコンを「ダブルクリック」してインストール開始

「次へ」をクリック

通常は「次へ」をクリック
理由があって別フォルダにインストールしたい場合は、変更ボタンを押して場所を指定後に「次へ」を押す

ファイルがドンドン展開され、インストールされていく

インストール完了

これでインストールが完了だ。再起動が必要な場合は、指示に従って再起動を実施し、その後以下の画面のところでクレイドルにPocketPC本体を接続し、シンクロしよう!(その2参照)



Active Sync 3.5 日本語版 キャプチャ付 インストールガイド (その1)


Reported by おかもん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3832d)