本格的麻雀を l'agenda BE-500で 【第1回】麻雀 for l'agenda - ソフト紹介

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2001年11月5日(月)版

本格的麻雀を l'agenda BE-500で 【第1回】麻雀 for l'agenda - ソフト紹介

ラジェンダであそぼー!

←前へ↑↑↑↑本記事一覧へ↑↑↑↑第2回へ→

ソフト購入ソフトウェアライブラリ
詳細情報 デモ版
ダウンロード
おすすめ
TOP

■「l'agenda」BE-500 対応の本格的麻雀ソフト登場!

 l'agenda BE-500 に対応した、本格的な4人打ち麻雀ソフトが登場した。下の画像を見てもらえば一目瞭然だが、とにかくグラフィックがすばらしい出来となっている。さらに、本格的な思考ルーチンが搭載されていて、純粋に麻雀を楽しめること間違いなしだ。

 操作もスタイラスでの操作だけではなく、片手でも利用可能なように"十字キー"+"OK"キー+"ESC"キーでの操作も可能になっている。


■ルール紹介

 基本ルールは、3人分を l'agenda が担当してくれる日本ルールの4人麻雀だ。手持ちは25000点で始まり、東場、南場の半荘をプレイする。詳細のルールに関しては、自分で設定することができる。設定できるルールを下記の通りだ。


ルール設定1

ルール設定2


■操作方法

 前述の通り、操作はスタイラスによるタップとハードウェアボタンによる操作ができる。どちらで操作するかは好みにより分かれるが、操作した限りではハードウェアボタンによる操作の方が、誤操作がなくプレイしやすいと感じた。表示されている牌が小さいためか、スタイラスでタップすると、間違って隣の牌を捨ててしまうなんてことが起こりうるからだ。

〇スタイラスによる操作

 捨牌選択:手牌は手前に表示され、その内の捨てたい牌をスタイラスでタップする
 ポンやチーなど:自動的にメニューが表示されるため、そこから選択しタップする
 立直や暗槓など:手牌の左上に表示されている「メニュー」ボタンをタップし、そこから選択する

〇ハードウェアボタンによる操作

 捨牌選択:カーソルキーの左右を使ってカーソルを移動し、捨てたい牌のところでOKキーを押す
 ポンやチーなど:自動的にメニューが表示されるため、カーソルキーで選択しOKキーを押す
 立直や暗槓など:自分の手番で ESC キーを押す
 その他:ESC キーはキャンセルボタンとしても使える


■スクリーンショット

さいころが振られ場が始まる

鳴けるときは自動的にメニューが表示

あがると役や点数などが表示される

半荘が終わると合計ポイントが表示される



販売受付中!!
【PR】「e-CASIO」で販売中!! こんな特典・オプションが!!
  • 本皮使用のe-CASIOオリジナル「BE-500専用ケース」が全員についてくる!!
  • 将棋・麻雀ゲームパックを2980円の特別価格で購入できる!!(ソフトウェアが通常売価の半値程度となるお得なパック)
  • AirH”などの通信カードとのお得なセット販売も!!モバイルワイヤレスの時代はこれでバッチリ!
  • 初心者でも安心!プロバイダのセットアップをした状態で送ってくれるセットアップサービス
◎e-CASIOはこちら
http://www.e-casio.co.jp/index2.html



本格的麻雀を l'agenda BE-500で 【第1回】麻雀 for l'agenda - ソフト紹介

Reported by カツヤ


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3462d)