Pocket PC 2002対応、64MB搭載 hp jornada568日本語版発表

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2001年11月12日(月)版

Pocket PC 2002対応、64MB搭載 hp jornada568日本語版発表

CPUも StrongARM に、新しく生まれ変わった hp jornada シリーズ

 ↑↑jornada568特集↑↑ 

写真は英語版 jornada568。
日本語版もデザインはまったく同じだ

■ はじめに

 日本HPは、本日11月12日、マイクロソフトの Pocket PC 2002 を搭載した PDA「jornada568」を発表した。発売は12月15日。価格は詳細は未定なものの6万円程度になるという。ハードウエアの主な仕様等は、すでに発表済みの米国版とほぼ同等。StrongARM CPU を搭載し、6万色対応の反射型カラー液晶パネルを搭載している。日本語版は 内蔵メモリが 64MB版のみとなっている。筐体は小型軽量で、バッテリ持続時間も長いなど優れた仕様となっている。また標準で多くのソフトウエアや、ドライバソフトを内蔵しているのも、ポイントが高い。逆に、拡張スロットが TypeI となっているという点だけは残念な点だろう。
 前回同様ビジネスシーンにも溶け込みやすいスマートさを感じさせるデザインは、今回も健在。64MB モデルと、業務用途を狙ったスペックにも見えるが、hp では、業務用だけではなく、コンシューマー向けにも積極的に展開していくという。それでは早速、新しい jornada568 の特徴を見てみよう。

■ jornada568 のポイントはこれだ!

 下記が、jornada568 のポイントだ。従来の jornada525/548 と比較して変わった点、他社の Pocket PC と比べて特徴的であるという部分についてまとめてみた。実際に、jornada568 が従来モデルと大きく違うのは、何と言っても「Pocket PC 2002 日本語版」搭載 ということ。MSN Messenger や、Windows Terminal Server Client、VPN など Pocket PC 2002 にしか対応しないアプリケーションが搭載されているのがポイントとなる。「Pocket PC 2002」の特徴については、WindowsCE FAN の「Pocket PC 2002」特集ページで扱っているので、こちらをご覧いただきたい。

◎ hp jornada568 はここが変わった・ここがすごい!

  • Pocket PC 2002 日本語版搭載
  • バッテリのもちはピカイチ! 14時間連続駆動
    さらに、大容量バッテリを利用すれば、28時間まで連続駆動
    ※ 測定条件はいずれもフロントライトオフの状態で測定
  • 小型軽量 173g 132 x 76.5 x 17.2
    また液晶カバーの重量が 19g のため、組み合わせて使うと、192g となる。
  • 内蔵メモリ 64MB。
    多くのソフトを詰め込んでも大丈夫
  • CPU が StrongARM 206MHz と高速に
  • 6万色対応の反射型カラーディスプレイ、輝度自動調整機能付き
  • TypeIスロット内蔵
  • 豊富な拡張アクセサリ
    SD/MMC + バッテリ
    PC+SD
  • Pocket Keyboard も登場予定
  • hp 独自の拡張ソフト搭載
    safestore は特に面白いアイデア
  • 独自のキー操作ユーザーインターフェース
  • スタイラスは本体内蔵

 それぞれの項目の詳細は、次からの詳細ページを参照していただくとして、一言で総括すると、従来の jornada テイストを残しながら、あらゆる部分が最新技術でアップデートされた、と言えそうだ。Pocket PC 2002 では、マイクロソフトの方針により全社すべてのマシンの CPU が、StrongARM206MHzとなる。Intel の次世代 StrongARM「Xscale 400MHz」もすでに見えてはいるが、米国での発表を見る限り、採用を公式に表明したメーカーは1社もない。こうした中では、これまでは「性能の次」と考えられていた、例えば、デザインだったり、重量だったり、バッテリの持ちだったり、拡張性だったりという「各個人の利用シーンに合わせた使い勝手」が、購入の際のもっとも重要な判断基準となる。

 価格は、6万円代と、すでに発表されている NEC PocketGear よりも 5千円 - 1万円前後高価になると思われる。(製品の予約が開始されてみないとわからないが、3千円程度しか変わらない可能性もある。) NEC の製品が SD/CF TypeIIの2スロットなのに対し、jornada568 は CF TypeI 1スロットのみ。ただし、jornada568 は、本体内蔵メモリが 64MBなのが大きく違う。データの格納なら、安価になったCFメモリカードでも十分だが、本体の消費電力を余計にくわない、同時に起動できるアプリケーションの数が増えるなどの点で、内蔵メモリが大きいのはやはり特筆すべきもので、一概には比べられない。このあたりが、自分の用途にとって、どちらが大事かよく考えてほしい点だ。

 内蔵スロットが TypeI である点が日本では気になると思うが、実際には、拡張アクセサリを利用することで、PCスロットや、SDスロットも利用できるようになっている。こうしたスロットには、きちんと拡張バッテリも内蔵されている。最近の拡張カードは、TDK の AirH''カードなど TypeI のものも増えてきており、標準のままで用が足りることも増えてきた。だが、IBM の Microdrive、メルコの無線LANカード、NTTドコモの P-in master などが TypeII である現状を鑑みると、ここはやはり jornada525 のように日本だけでも TypeII スロットにしてほしかったところだろう。

■ 従来の jornada548/525 ユーザーにとってのポイント

 さて、従来の jornada548/525 にとって、この jornada568 の発売はどんな意味を持つだろう。また、すでに持っている jornada548/525 のアクセサリはどの程度流用できるだろうか? 現時点でわかっていることを、簡単にまとめてみた。

◎ よい点

  • jornada548/525風のスマート (エレガント?) な滑らかなデザインを踏襲
  • しかも、本体は大幅に軽量化。
  • jornada548/525で搭載されていた hpオリジナルソフトは、jornada568 でも採用
  • jornada 専用デジカメユニット hp pocket camera は、jornada568 でも利用可能
    さらに、ドライバ内蔵により、完全な Plug and Play を実現。CFスロットに hp pocket camera を挿すだけで利用可能
  • PIMソフトに「さいすけ」が CD-ROM バンドルされた
  • スタイラスは本体に内蔵された。jornada525ユーザーは、スタイラスが別になっていたが、jornada568では解決

◎ 残念な点

  • jornada548/525 ユーザーを対象にしたROMアップグレードはなし。Pocket PC 2002 にアップグレードする機能は提供されない
  • jornada548用の CF TypeII化ユニット、新潟キャノテックの「CF Pocket」は jornada568 では利用できない。ただし、jornada568用は検討中とか。(3,000円くらいなのでもう一度買ってもそれほど高いものではないが残念だ。)
  • jornada548/525カバーは jornada568 では利用不可。ただし、jornada568 には標準で1つ添付されている。

■ 終わりに

 新しい jornada568 は、既存の jornada548/525 ユーザーの買い替えだけではなく、新たに PDA を買おうとしている人も注目すべき内容となっている。CFスロットが TypeII ではなくてはならないという人には進められないが、内蔵メモリも 64MB を内蔵している上に、非常に軽量でスタイリッシュだ。

 発売が 12月15日ということで、それまでに、他の他社がどのような製品を発表してくるのかわからないが、発売されたら、一度は店頭で触ってみよう。既存の Pocket PC ユーザーにも注目してほしい一品である。

 なお、Pocket PC 2002 は、その高機能と高価格のため、業務用市場がメインになるとも予測されている。こうした市場の中では、jornada568 は、付属の Pocket Camera が利用できることが大きな特徴だ。このカメラは、以前にもレポートしたように、VGA(640x480)レベルを撮影するには十分すぎる性能を持っている。また、撮影した写真を、圧縮して、そのまま電子メールに送るなどの処理も、非常に簡単に行えるようになっている。保険業界や、建築業界、その他、デジカメなどで写真を撮影することが多い職場の人は、jornada568 を利用した業務ソリューションを検討してみてはいかがだろうか?






Pocket PC 2002対応、64MB搭載 hp jornada568日本語版発表


Reported by けいたん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3773d)