第1回 開発環境を入手しよう!

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2001年11月30日(金)版

第1回 開発環境を入手しよう!

"ソフコン2002 3rd Edition featuring l'agenda" - l'agendaでソフトを作ろう!

←本記事一覧↑↑コンテストTOPへ↑↑→第2回へ

■l'agenda用ソフトの開発を行うには?

 l'agenda用ソフトの開発を行うには、原則としてWindowsCE用の開発ツールが必要である。幸いにもWindowsCE用開発ツールeMbedded Visual Tools3.0(eMVT3.0)は、無償で提供されており、ダウンロードするか、CD-ROMを実費相当で郵送してもらうかのどちらかで入手できる。
(後述のように本ソフトウェアコンテストにエントリし希望した人には郵送されることになっている。)
ダウンロードは、以下のページより行うことが可能だ。

http://www.microsoft.com/mobile/downloads/emvt30.asp - 米マイクロソフト

 ただし、ダウンロードできるのは英語版である。それにファイルサイズは304MBもあり、ブロードバンド環境がない限り、なかなかダウンロードは難しい。そこで、CD-ROMの郵送購入だが、以下のページより申し込める。ただし、実費(1,700円)が必要である。
 
 http://www.microsoft.com/japan/windows/embedded/ce/tools/emvt30order.asp - マイクロソフト
 なお、CD-ROMの郵送は日本語版である。この開発ツールを入手することで、PocketPCや、H/PC Pro3.0用のソフトなどを開発することが可能になる。これは、eMVT3.0にPocketPCやH/PC Pro3.0用のSDKが付属しているからである。したがって、l'agenda用のソフトを開発するためにはl'agenda用のSDKを入手し、インストールしなければならない。


■l'agenda用SDK
 ここでl'agenda用のSDKにどのようなものが入っているのかを見てみよう。
 まず、C/C++での開発に必要なライブラリがある。MFCやATLでの開発も可能であり、これは他のWindowsCE用とほぼ同等である(ただし、l'agendaの場合、ATLの動作確認は行われていない)。しかし、他のWindowsCE用SDKにはたいてい入っているが、l'agenda用には無い、というものもある。まず、VisualBasic用のランタイムが存在しない。つまりl'agenda用ソフトのeMbedded Visual Basic での開発は出来ない、ということである。また、エミュレータも存在していない。開発したソフトウェアの動作確認には必ず実機が必要である。

 逆にl'agenda用のSDKに特有のものもいくつかある。その代表はインストーラだろう。l'agendaには専用のインストーラが必要となる。そのインストーラを作成するためのソフトが付属している。また、eMVTで開発するのに必要となる接続ソフトも付属している。面白いところでは画面キャプチャ用のツールも付属している。
 そのl'agenda用SDKの入手だが、今回のソフコンにエントリーし、希望することで郵送されるようになっている。

■ソフコンにエントリしてツールをゲット!
 ソフコンにWeb上からエントリを行い、希望をすると、事務局からeMbedded Visual Tools 3.0日本語版とl'agenda SDKが郵送される。ソフコンにエントリするには、下のリンクページにゆき、フォームへ必要事項を書き込み、クリックするだけだ。条件などはエントリページをみてほしい。
 また、l'agenda SDKは、エントリー時に必要事項を記入することで、エントリー後ダウンロードも行うことも可能だ。すでにeMVTを持っている人はCD-ROMの郵送を待たずとも開発/移植作業に入ることが出来る。



第1回 開発環境を入手しよう!

Reported by 古原伸介


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3104d)