第2回 ラジェンダの特徴

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2001年11月30日(金)版

第2回 ラジェンダの特徴

"ソフコン2002 3rd Edition featuring l'agenda" - l'agendaでソフトを作ろう!

←第1回↑↑コンテストTOPへ↑↑→第3回へ

■はじめに

カシオ BE-500「l'agenda(ラジェンダ)」は、WindowsCEのマシンの中でもかなり異彩を放っている。それは、l'agendaがH/PCでもPocketPCでもPalmSize/PCでも無い、ということからくるものだ。

 l'agendaはWindowsCEでありながらも独自のシェルを搭載し、今までのCEマシンにないインタフェースを持っている。普通に買ってしまうと高機能な電子手帳のように思えるだろう。しかし、実はWindowsCEマシンであり、ソフトの開発・インストールも可能なのである。
 実は、l'agendaではWindowsCE用ソフトがそのまま動作する場合も多い。だが、既存のWindowsCE用ソフトがそのまま動いたとしても使い勝手が悪かったり、さまざまな問題が生じることもある。そのためl'agenda専用のソフト開発を行う必要があり、専用SDKもカシオから配布されている。

 l'agendaは初心者向けのCEマシンであり、ファイルシステムも普通に使っていては見ることがないように作られている。しかし、だからこそ開発者にとっては、このような「電子手帳」的マシンで自分が作ったソフトが動く快感を味わいたくなるものである。最近のCEマシンが、高機能化し、よりパソコンに近づいていく中で「パソコンっぽくないマシン」で自分のソフトを動かしてみてはどうだろうか。

■開発者から見たl'agendaの特徴

 開発者から見た場合、l'agenda BE-500は既存のWindowsCEマシンと比べてどのような特徴を持っているだろうか? いくつか上げてみたい。

APIはPalmSize/PCベース

l'agendaがサポートしているのは、原則としてPalmSize/PCのAPIだと考えることが出来る。PocketPC用のAPIはサポートしていない。

シェルが独自

l'agendaにはスタートメニューもないしデスクトップもない。エクスプローラ的なソフトも存在しない。l'agendaオリジナルの電子手帳ライクなシェルがあるのみである。このオリジナルシェル用のAPIがSDKで提供されている。

同期ソフトが独自

 l'agendaはActiveSyncを使わない。独自の同期ソフトを使う。また、この同期ソフトはエクスプローラ機能を持っていない。つまり、ソフトをインストールするときに「ActiveSyncでコピーしてください」は通用しないのだ。l'agenda用のインストーラが必要となる(RAPIも異なるので既存のCE用インストーラは使えない)。

独自のファイル構造

l'agendaは不揮発性のフラッシュメモリ(NANDディスク)と揮発性のRAMという二重構造でファイルを管理している。具体的には\Nand Disk配下がフラッシュメモリであり、それ以外のフォルダは電池が無くなったり、リセットしたら消えてしまう。この仕組みはl'agendaを高速化させるために取り入れられた仕組みであり、アプリケーション開発者はこれに対応しておかないとリセット時に設定情報が全て消えるなどの問題が出ることになる。



第2回 ラジェンダの特徴

Reported by 古原伸介


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3410d)