第3回 開発環境のインストール

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2001年12月7日(金)版

第3回 開発環境のインストール

"ソフコン2002 3rd Edition featuring l'agenda" - l'agendaでソフトを作ろう!

←第2回↑↑コンテストTOPへ↑↑→第4回

■インストール
eMVT3.0とl'agenda用のSDKを入手したら、早速インストールして使ってみよう。まずは、eMVT3.0をインストールする。l'agenda用SDKは、eMbedded Visual-C++(eMVC++)にしか対応していないので、これさえインストールしていればOKである(逆に言うとVBでは開発は行えない、ということである)。

eMbedded Visual-C++をインストールしたら、いよいよl'agenda用SDKをインストールしよう。

インストールは CASIO_BE500.exe を実行、使用許諾に同意し、インストール先を選択することで簡単に終了する。l'agenda用にインストールしたファイルは、デフォールトであればC:\WindowsCE Toolsのwce300配下、CASIO_BE500フォルダにコピーされる。インクルードファイルや各種ライブラリ、MFCのソースはここにコピーされている。ただし、さまざまなl'agenda特有のツールはインストールされずにCD-ROMにのみ存在しているので注意しよう。

◆起動してみよう

l'agenda用SDKをインストール後にeMVC++を起動すると、WCE構成に「CASIO_BE500」というのが追加されていることに気がつく。このWCE構成を選択することで、l'agenda用のプログラムをビルドすることができるようになるのだ。なお、l'agendaのCPUはMIPSなので、SDKもMIPSしかサポートしない。

注:画面の「CASIO_BE500」というところがWCE構成。これを選択することでl'agenda用SDKでのビルドが可能になる。

ビルド以外の部分をみてみると、たとえば、[ツール]メニューのリモートレジストリエディタや、リモートズームインなどでもBE500を選択可能になっており、これらのツール類も問題なく使用できる。

リモートレジストリエディタでBE500のレジストリを表示

◆l'agenda用ソフトを作るには?

既存のソフトをビルドしてみると分かるが、多くの場合、何も修正しなくてもビルド出来ると思う。PocketPC用のAPIは使えないので、これは削除する必要があるが、それ以外の場合には、ほぼ問題なくビルドできる。ソースの互換性は非常に高い。

このようにl'agenda用SDKでリビルドだけであれば極めて簡単に出来る。しかし、ラジェンダ特有の機能にあわせるために多くのソフトはソース上の修正が必要になる。この連載ではそのようなソース上の修正点についてもあとで述べていきたいと思う。



第3回 開発環境のインストール

Reported by 古原伸介


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3705d)