東芝「GENIO e 550X」 【第3回】 GENIO e550 とどこが変わったの? 外見編

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2001年12月10日(月)版

東芝「GENIO e 550X」 【第3回】 GENIO e550 とどこが変わったの? 外見編

東芝GENIO e 550の後続機「GENIO e 550X」新登場!

←第2回へ↑↑↑東芝 GENIO e550X↑↑↑ 

左が GENIO e550X、右が GENIO e550

■ はじめに

 当初の発売予定 12月6日から1週間遅れ、12月13日の発売となったが、いよいよ今週,東芝の「GENIO e550X」が発売となる。この発売前に、東芝モバイルコミュニケーション社より、発売前の GENIO e550X をしばらくお借りすることができたので、その印象などを紹介していこうと思う。ただし、ここでお借りできたのは、あくまでも GENIO e550X の本体のみであり、実際のパッケージや同梱物等は、また発売後に改めて紹介していくつもりだ。

■ ど、どこが違うの GENIO e550X と GENIO e550

 お借りした GENIO e550X を箱から取り出して、まず驚いたのが、GENIO e550 とあまりにも似たデザインだ。似た、というより、筐体デザインは同一。下記の写真にあるように、まったく同じだ。

本体左面
本体右面
本体上面
 

 この写真を見て、上下のどちらが GENIO e550X で、GENIO e550 か分かる人はいないだろう。というか、シルエットは 100% 同じなのである。

■ ここが違う GENIO e550X と GENIO e550

 GENIO e550X と GENIO e550 に「X」がついただけという型番だけに、何も変わっていないと思っても無理はない。では、外見だけ見ると、GENIO e550X と GENIO e550 はまったく見分けがつかないのだろうか?

 と思うと、それは違う。

 よく見ると、まず前面パネルの上部の「GENIO e」のロゴが異なるのが分かる。「e」がオレンジ色になっているのが、GENIO e550X だ。さらに、右側の「Pocket PC」のロゴがイタリックになっていない。これがイタリックになっているのが前モデルの GENIO e550 だ。

上が GENIO e550X

 さらに、裏面を見てみよう。

GENIO e550X の裏面
GENIO e550 の裏面

 こちらは、なかなか顕著に違いが出ている。
 従来の Microsoft Windows Powered のロゴが白黒反転した、よりシンプルなものになっている。型番にも「GENIO e550X」と表示されているぞ。

■ まとめ

 今回紹介したように新製品 GENIO e550X と前モデル GENIO e550 には外見上はわずかな差しか見つけることができない。しかし、冒頭の写真を見ると分かるように、GENIO e550X は、Pocket PC 2002 を搭載し、メモリも 64MB と GENIO e550 の 2倍となっている。
 しかし、ハードウエア面で、例えば、CF TypeII スロット + SDIOスロット搭載という点は、新旧モデルとも共通だし、液晶パネル、バッテリユニットさえ同じだ。

 この点を捉えて、GENIO e550X が代わり映えしないと書くのは簡単だが、実際には、全機種 GENIO e550 が、時代を先取りしたモデルだったといえそうだ。スロット付最軽量モデルの座は、jornada568 (173g) に奪われたものの、2スロットモデルでは、未だに約20g の差をつけて最軽量だし、jornada568 とわずか 2g の差で、CF スロットが TypeII になり、SDIOスロットまで内蔵してしまっている。GENIO e550X が、前機種とハードウエアスペックが変わらないからといって、決して多機種に劣るものではないのだ。

 また、GENIO e550 を購入したユーザーにとってもこれは朗報だろう。

 現在、東芝では、GENIO e550 のアップグレードサービスを行っており、単に Pocket PC 2002 にアップグレードするだけなら、わずか \5,000 で済む。GENIO e550X と同等の 64MB メモリにアップグレードするオプションもあり、この場合は、\19,800 となるが、GENIO e550 を下取りに出して、GENIO e550X に買い換えるよりも、よほど低コストに抑えられるだろう。このアップグレードを行った場合、GENIO e550X に比べて、何も劣ることがないというのも高ポイントと言えるのではないだろうか。




最後にこれらの製品の購入を検討している人は「GENIO e純正オプション一覧」― 東芝GENIO e公式ホームサイトからチェックできるので見てみてほしい。

またこの他にも東芝ではGENIO eを買うと「FIFAワールドカップTMチケット」が270名に当たる!といったようなキャンペーンも行っている。GENIO e 550X購入検討者はこちらもチェックしておいて損はないであろう。






東芝「GENIO e 550X」 【第3回】 GENIO e550 とどこが変わったの? 外見編

Reported by けいたん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3677d)