有限会社シグマ・スタイル・ジャパン:「サンライズコレクション」PDAケース 第1回 (全2回) 「縦開き式フリップタイプケース(ベルトクリップ付き)」編

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2001年12月16日(日)版

有限会社シグマ・スタイル・ジャパン:「サンライズコレクション」PDAケース 第1回 (全2回) 「縦開き式フリップタイプケース(ベルトクリップ付き)」編

「持てば持つほど愛着がわく」、そんな製品を目指すシグマ・スタイル・ジャパンのPDAケース


■はじめに

 最近は「COACH」、「SAZABY」、「TUMI」、吉田かばんの「PORTER」等のブランドモノから、「サンワサプライ」、「エレコム」等に代表される各種コンピュータサプライ商品の企画・製造・販売会社、本革ボディースーツで有名な「EXTREME LIMIT」、厚みのあるブラック革ケースを提供する「株式会社エフテル」、京都でパソコンカバンなどを製造、独特のセンスで作られる革製ケースに定評の「丑や」等、PDAケースも豊富になってきたようです。しかしながら、なかなかお気に入りのケースが見つからないものです。「単純に本体を保護・収納するだけでは満足できない」、「ユーザの趣味が最も現れやすい部分」であるためでしょうか?

 今回はマトンスエード(羊の裏革)を使用した「有限会社シグマ・スタイル・ジャパン」様の「サンライズコレクション」をご紹介したいと思います。
 その「第1回」は「縦開き式フリップタイプケース(ベルトクリップ付き)」を取り上げます。
 なお、今回ご紹介するケースは全て「販売サンプル」をご厚意によりお借りしたものです。

■「サンライズコレクション」の特徴

 (1)イタリア製の上質革を直輸入して、制作しています。
 (2)縫製技術にこだわり、特に、コバ(エッジ)の部分については、切りっぱなしではなく、2重3重に折り返し加工を行っています。縫製ラインも外側からではわからない部分にこだわりがあるようです。
 (3)手触りのことを考えて、マトンスエード(羊の裏革)を採用しています。
 (4)クリーニングキットが販売されています。
 (5)ケースの内側にはカードや名刺など、2〜3枚程度挿入可能な名刺サイズのポケットが付いています。
 (6)装着したまま、赤外線通信が可能です。
 (7)豊富なカラーが用意されています。
  ※現在、販売されているカラーは以下の通り(2001年12月01日)
   ・レッド、オレンジ、イエロー、グリーン、ブルー、ベージュ、ブラック(ツートン)、ブラック(一枚革)、ブラウン
 (8)「横開き式ブックタイプ」と「縦開き式フリップタイプ」が用意されています。
 (9)多くのPDAに対応した製品ライン・アップです。
  ※対応PDA(WindowsCE関連)は以下の通り(2001年12月16日)
   ・TOSHIBA GENIO e550
   ・COMPAQ iPAQ
   ・CASIO CASSIOPEIA E-700/E-750
   ・HEWLETT-PACKARD jornada 548/525

■「サンライズコレクション」CASSIOPEIA E-700専用「縦開き式フリップタイプケース(ベルトクリップ付き)」の仕様、及び特徴

 1.CASSIOPEIA E-700専用レザーケースは以下のようなお洒落なパッケージで届きました。パッケージにもこだわりを感じられます。
  ※パッケージの帯に「CASIO CASSIOPEIA E500」とありますが、これは「E-700」の間違いです。「有限会社シグマ・スタイル・ジャパン」様に確認したところ、「E-700」の英語版「EM-500」と混同し、表記してしまったようです。製品版では「E-700」と表記するとのご報告をいただいています。

 2.「CASSIOPEIA E-700」と「サンライズコレクション」の「縦開き式フリップタイプ」ケース並べてみました(ケース色:ベージュ)。

 3.装着すると以下のようになります。「CASIO」のロゴとアラーム時に点滅するインジケータが曲線で巧みに加工された革の合間から見えます(下の画像:赤線で囲んだ部分)。スピーカー部もうまく加工されています。

 4.蓋の部分(液晶部分のカバー)を閉じると以下のような感じとなります(左:表側、右:裏側)。
  ※裏側には後ほどご紹介するベルトクリップを取り付けるための金具があります(右の画像:赤線で囲んだ部分)。

 5.左側から見ると、以下のように、ケースを装着した状態で、ダイヤル式の「アクショコントロール」の操作、電源ボタンの操作、録音ボタンの操作、赤外線通信が可能です。

 6.左側から見ると、以下のような感じです。

 7.装着した状態で、パソコンや携帯電話/PHSなどを接続するシリアルコネクタが使用できます(左の画像:赤線で囲んだ部分)。
  本体を収納する部分に使用されている革の厚みは1mm以上あります。そのため、このケースを装着したまま、「CASSIOPEIA E-700」の標準添付「USBクレードル」にセットすることはできません。
  蓋の部分(液晶部分のカバー)にはカードや名刺などが2〜3枚程度挿入可能なポケットがあります。
  右の画像の青線で囲んだ部分は付属のスタイラスペンを挿すためのモノでしょうか?この部分に付属のスタイラスペンを挿す場合、硬く挿しにくいように思われますが、逆に「抜けにくい」ということにもなります。
  革ですので、繰り返し使用しているうちに、スタイラスペンが挿しやすくなることも考えられます。
  しかし、この部分を付属の「スタイラスペンの収納」に使うとすると、蓋の部分(液晶部分のカバー)を閉じた際に、ケースに膨らみができてしまいますね。

 8.「CASSIOPEIA E-700」の上部にはヘッドホンジャックの差込口がありますが、「CASSIOPEIA E-700」にジャストフィットするケースですので、ヘッドフォンを使用時に、蓋の部分(液晶部分のカバー)を閉じることができません。
  ただし、後ほどご紹介する「横開き式ブックタイプ」ではこの部分を覆うことがないので、ヘッドフォンを頻繁に使用するユーザには「横開き式ブックタイプ」 をお薦めします。

 9.ケースを装着して、実際に「CASSIOPEIA E-700」を使用した場合、以下のような感じになります。

 10.ベルトクリップ付きのケースを購入した場合、以下のような半透明の淡いブルーのベルトクリップが付属されています。
  (左:斜め、中央:裏-PDAケースとの接続部分、右:表-クリップ部分)

 11.ベルトクリップを装着すると、以下のようになります。

 12.「ケース色:グリーン」を装着すると以下のようになります。

 11.「ケース色:グリーン」の蓋の部分(液晶部分のカバー)を閉じて、斜め上から見た画像です。

■次回予告

 次回は「サンライズコレクション」の「横開き式ブックタイプ」をご紹介します。



有限会社シグマ・スタイル・ジャパン:「サンライズコレクション」PDAケース 第1回 (全2回) 「縦開き式フリップタイプケース(ベルトクリップ付き)」編


Reported by BEATBOY


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3683d)