首からぶら下げるモバイルテレビ Panasonic「e-ware SD Viewer」参考出展!!

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2002年1月9日(水)版

首からぶら下げるモバイルテレビ Panasonic「e-ware SD Viewer」参考出展!!

CES 2002 in LasVegas 突撃スペシャルレポート

←前へ↑↑CES2002 記事一覧↑↑次へ→

1.8型の小型液晶ディスプレイには
日本語のムービーが流れていた

■Panasonicがモバイルテレビを参考出展

SDメモリとメモリスティックの熾烈なスタンダード戦争も、多数企業が採用したSDメモリ陣営と、実質SONYのみとなってしまったメモリスティックという形で勝負がついてきた。そんな中、CES会場内には「SDメモリ」をテーマにしたブースがあり、採用している各社から、最新の製品や発売直前の製品、そして発表前の参考出展商品やコンセプトモデルなどが展示されていた。

その中、Panasonicが参考出展していたのは「e-ware SD Viewer」だ。完全に手のひらサイズで、ストラップで首からかけて持ち歩くスタイルをイメージしているという。

1.8インチの液晶画面で、MPEG4(動画)とJPEG(静止画)の再生が可能。本体上部にはSDメモリスロット、側面に電源といたって簡単なつくりだ。再生時間を聞いたのだが、残念ながらまだ試作段階のためわからないとのこと。あまりに短ければ悲しい限りだが、この小ささはかなりご機嫌であり、個人的にはかなり期待してしまった(^^;)

気になる価格だが、本体の他、クレイドルやオーディオ/ビデオケーブル等が付属して$299を予定しているとのこと。発売時期については答えられないとのことだったが、日本での発売は予定されていると明確に回答があり、話している感じでは、なんとなく春から夏ごろの予感をさせられた(勝手な想像)。

この製品、実は日本でも、CEATEC JAPAN 2001 (2001年10月3日〜10月6日) で参考出展されているのを、取材した別のスタッフが見ており、またデモされている映像も見ていただければわかるとおり、日本語であった(笑)。こんな小さなものを好むのは、やはり米国人より日本人だろうとおもうし、間違いなく、まず日本で発売されるのだろうと睨んでいる(^^)

本体上部にあるSDメモリスロット
本体脇には電源スイッチ
視野角とかはどうなのだろうか?



首からぶら下げるモバイルテレビ Panasonic「e-ware SD Viewer」参考出展!!

Reported by おかもん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3773d)