東芝の小型 SD Player 試作機

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2001年1月15日(月)版

東芝の小型 SD Player 試作機

2001年4月に発売予定


■ シリコン・プレーヤーはさらなる小型化を目指す

 昨年のCES2000では、ソニー、松下電器、東芝、三洋電機といった日本の大手家電メーカーからの製品発表が相次いだ。こうしたメーカーが今年発表するのは、その次世代機にあたるプレーヤーだ。
 個人的に注目したのが、下記に紹介する東芝の新型 SDメモリプレーヤー。従来モデルの半分の大きさになって、以前のものとは比べ物にならない自由度があるように期待させられる。

松下電器のものより丸っこい形。個人的にはこっちの方が好みに近い
クリップ付で洋服などに固定しやすそうなのが気に入った
3年前だとオモチャにしか見えないのだが、これがちゃんと動く
並べてみると、結構かわいいでしょう。

■ MEA210

 この東芝の新型プレーヤーの型番は「MEA210」というらしい。
 一緒に展示されていた製品の特徴は下記のとおりだ。この製品は、とりあえず米国では 2001年4月に発売予定らしい。昨年のケースを考えてもそう変わらない時期に日本でも登場するだろう。また、あわせて東芝では 128MB の SDメモリの販売を開始する。


  • 32MB の内蔵メモリ (96Kbps で約40分)
  • SDメモリスロット内蔵
  • USBインターフェース付
  • LCDディスプレイ搭載
  • AACエンコード機能を持った Toshiba Audio Manager
  • 20 - 20KHz の周波数特性
  • 85dB
  • AAAバッテリで 5時間連続駆動
  • SDMI対応
  • 1.5oz (約40g)
  • Windows98,Me,2000 に対応



東芝の小型 SD Player 試作機

Reported by けいたん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3824d)