第10回 インストーラ -2-

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2002年1月18日(金)版

第10回 インストーラ -2-

"ソフコン2002 3rd Edition featuring l'agenda" - l'agendaでソフトを作ろう!

←第9回へ↑↑コンテストTOPへ↑↑→第11回へ

■前回からの続き

 基本的な情報が入力できたら、次へを押す。すると以下の画面が現れる。


 ここでは前の画面の情報に基づき、すでに初期値が設定された画面が現れている。基本的には何もせずに「次へ」ボタンを押しても問題はない。変えるところがあるとすれば「インストール先」だ。初期値は一つ前の画面の「プロダクト名」と「プログラム名」を合わせた名前になっている。場合によっては長すぎると感じる場合もあるので、プログラム名だけにしてもいいだろう。また、プログラムが複数の実行ファイルから成るときには、「選択」ボタンを押して、立ち上げに用いる実行ファイルを選択することができる。

 そして、「次へ」ボタンを押す。すると以下の画面に進む。

【注意】ここで「native.inaが見つかりません」等のエラーメッセージが出る場合には、インストールするファイル群を入れてあるフォルダにnative.inaファイルをコピーし忘れているはずなので、ArchGene.exe が納められているフォルダにあるnative.inaファイルをコピーしよう。


 ここではコピーするファイルの一覧が出てくる。ファイルによっては「コピー先フォルダの指定」ボタンでインストール先を変更できる。

 そして、「次へ」ボタンを押す。すると以下の画面に進む。


 ここでは、インストール時に設定するレジストリを指定する。通常は設定することはないと思う。次へを押し、最後の画面に進む。


 この画面では設定は変えずに「完了」を押せばよい。これでインストールイメージが作成された。

 インストールイメージは拡張子 .cbea である。このファイルと、setup.exe、setup.iniの3ファイルを配布すればよい。オンラインで配布する場合には、これに説明用のテキストファイルを加えて、4つのファイルを圧縮し、アーカイブにすればよいだろう。

 そして、ユーザはそのファイルをダウンロード・解凍し、SETUP.EXEを実行することで、以下の画面が出てl'agendaへのインストールが出来る。




第10回 インストーラ -2-

Reported by 古原伸介


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (4144d)