写真で見る カシオペア E-2000 その2

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2002年1月15日(火)版

写真で見る カシオペア E-2000 その2

カシオペアの最新モデル 満を持して登場

←その1へ↑↑E-2000 記事一覧↑↑→ソフト紹介へ

■写真で見る「E-2000」その2

・筐体上部

筐体背面上部にはCFスロットが装備されている。スロットはダミーカード式で、BE-500で採用された形に非常に近い。そのほか、筐体上部には赤外線ポートと電源インジケータ・SD/CFアクセスインジケータが搭載されている。電源インジケータは外部電源接続中に点灯し、充電中にオレンジ・満充電後にはグリーンとなる。アクセスインジケータはメモリカードにアクセスしている間赤く点灯するため、カードの脱着の際にはアクセスがないことを確認して安全に取り外すことができる。点灯するのはストレージカードのアクセス時だけなようで、CFE-02を使用して接続した際にはデータ転送中でも点灯はしなかった。

筐体上部。奥に見える黒い部分が赤外線ポートだ。スタイラスは定番の筐体右側に収納されている

・筐体背面

筐体の背面にはメイン・バックアップ両バッテリの装着部分がある。バッテリの装着・ロック機構はE-700と同じで、電池蓋のロック解除爪のギミックにより、誤ってメイン・バックアップ双方の電池を両方外してしまうことがないように工夫されている。試作機だということもあり、バッテリには容量等も記載されておらず、スペックは分からずじまいだった。製品発売後にはバッテリの駆動時間検証なども行う予定だ。

メインバッテリのフタを外してみた図。バッテリの交換は非常に簡単に行える

・筐体下部

筐体下部に位置するシリアルコネクタは、コネクタの形状も接点数も従来機種とは全く異なるものとなった。携帯電話接続ケーブル・クレードルなど、シリアルコネクタを利用する周辺機器は流用不可能になってしまう上、電話類との接続ケーブルは各12,000円と以前に比べて高額になったことなど、お世辞にも歓迎できる仕様ではないだろう。

新規設計となったシリアルコネクタ。USB機器を接続するとなると、従来のコネクタでは帯域が足りないなどの問題があったのだろうか?

・クレードル

なにぶん試作機ということで、今回試用しているクレードルはプラスチック製の飾り気のないものだ。他機種のクレードル同様、クレードル直結のUSBケーブルに加えて外部電源接続用コネクタが装備されている。クレードル自体は比較的軽量だが、机の上での安定性を考えるともう少し重量があっても良いのではないかとも思われる。

クレードル。右側側面に搭載されているのがUSBポートだ
クレードル背面。USBケーブルは直結になっていて外せない。奥にあるのは外部電源コネクタ

・クレードル付属のUSBポート

高い拡張性をウリにしているE-2000のインターフェースの中でも、とりわけ特徴的なのがPC用のUSB機器をそのまま接続可能なUSBホスト機能だ。この機能はクレードルか別売オプションであるPCカードユニットの使用で実現される。現在のところは明確に「何が動作する」というレベルのサポートはないそうだが、試しに手持ちの小型USBキーボードを使用してみたところ、E-2000で文字入力を行うことができた(ただし、キーボードを認識したりしなかったり、とやや不安定ではあった。ドライバの問題だろう)。キーの取りこぼしもなく、外部電源を接続していない状態でも動作するなど、実用性は比較的高いように思われる。クレードルとUSBケーブルが直結でなければ、スタンド代わりのクレードル本体とキーボードを持ち運ぶことも楽にできるため、その点だけはやや残念だ。

キーボードを接続し、メモ帳で入力を行ってみた。全く設定をしなかったにもかかわらずきちんと認識し、変換動作もキーボードで可能だ


[PR] PocketPC2002日本語版搭載 CASIO E-2000予約受付中

 すでに一部の店舗で予約が始まっている。




写真で見る カシオペア E-2000 その2

Reported by square


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3847d)