l'agenda 仕様 サンプルアプリケーション UNICODE SHIFT-JIS 対応テキストビューワ

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2002年1月18日(金)版

l'agenda 仕様 サンプルアプリケーション UNICODE SHIFT-JIS 対応テキストビューワ

"ソフコン2002 3rd Edition featuring l'agenda"

 ↑↑コンテストTOPへ↑↑ 

■はじめに

 『Windows CEソフトウェアコンテスト2002 3rd Edition featuring l'agenda』も開始から約2ヶ月がたち、応募期間の中盤にさしかかってきました。連載記事「 l'agendaでソフトを作ろう」のコーナでもインストーラ作成方法まで回が進んだので、l'agenda仕様の実際に動作するアプリケーションのプログラミング実例をソースコード、プロジェクトファイル一式により紹介したいと思います。
 まだl'agendaプログラミングにトライされていない方も、連載記事と合わせて参考にして、ソフトウェアコンテストに応募してみませんか?
 開発ツールの入手方法などはMicrosoft / WindowsCE FAN / CASIO / ZDNet JAPAN 主催
"Windows CEソフトウェアコンテスト2002 3rd Edition featuring l'agenda"の『ソフトウェアコンテストについて』
のコーナを参照してください。


■サンプルプログラム内容

 l'agenda独自のCOShellAPIを用いた、l'agendaのルック&フィール、動作仕様に基づいた簡単なテキストビューワです。UNICODEとSHIFT-JISに対応しています。極簡単ですが、ヘルプファイルも含まれており、l'agendaのプログラミングがおおよそどのようなものなのか掴めるのではないかと思います。
 インストーラ作成ツールArchGene.exeで作成したセットアップ用ファイルも含まれています。

■ダウンロードはこちら


44075バイト




l'agenda 仕様 サンプルアプリケーション UNICODE SHIFT-JIS 対応テキストビューワ

Reported by マッキー


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3767d)