最終回 知らないと意外につまずくl'agenda開発Tips

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2002年2月1日(金)版

最終回 知らないと意外につまずくl'agenda開発Tips

"ソフコン2002 3rd Edition featuring l'agenda" - l'agendaでソフトを作ろう!

←第10回↑↑コンテストTOPへ↑↑→本記事一覧へ

■はじめに

 l'agenda用ソフト開発について10回にわたり解説してきたが、最終回は実際にl'agenda用ソフトの開発をしていて、これはつまずきやすいのではないかと思われた点をいくつかQ&A形式で解説したいと思う。

■Q&A

【Q】【A】
MFCで開発時にビルドすると CView::OnPrepareDC などが無い場合にリンクエラーになってしまいます。どうすれば正しくリンクできますか?MFCをスタティックライブラリでリンクするとエラーになります。[プロジェクト]-[設定]で「共有DLLでMFCを試用する」にしてビルドするとエラーが無くなります。つまり、l'agendaではMFCのスタティックリンクは出来ません。共有DLLのみ可能です。l'agenda内部にはMFCのライブラリが最初から入っているので、「共有」で作ったEXEファイルでも、どのl'agendaでも動作します。
ダイアログにグループボックスを貼り付けて、その上にコントロールをおきましたが、eVCでデザイン時には見えているものが、実行時には見えなくなってしまいます。どうすれば見えるようになりますか? 実行時にはコントロールがグループボックスに隠れてしまうために見えなくなってしまします。感覚的には少しおかしいかもしれませんが、先にコントロールを置いて、その上からグループボックスを配置すると正しく表示されるようになります。(ちなみにこれは他のCE用ソフト開発でも同様です)
ダイアログを表示しても背面に隠れてしまいます。どうしてでしょうか?ダイアログのプロパティの「その他のスタイル」で「可視」をチェックしておかないと、このような現象が起こる可能性があります。「可視」をチェックして試してください。
eMVC++3.0にはexeファイルをl'agendaにコピーする機能がありますが、どこのフォルダにコピーされるのでしょうか? [プロジェクト]-[設定]の「デバッグ」タブの「ダウンロード先ディレクトリ」で指定したフォルダにコピーされます。
eMVC++3.0からexeファイルをデバッグ実行しようとしましたが「デバイスにリモート出力ファイルが見つかりません」と表示され、実行できません。なぜでしょうか? exeファイルをl'agendaのルートフォルダに置くように設定していませんか?ルートフォルダだと実行できなようですので、[プロジェクト]-[設定]の「デバッグ」タブの「ダウンロード先ディレクトリ」でフォルダを変更してみてください。Nand Disk配下だとリセットしてもファイルが消えないので、Nand Disk\Program Files配下に自分専用のフォルダを作り、そこにexeをダウンロードするように設定すると良いでしょう。
l'agendaでタップ&ホールドなどのPocketPC用APIは使えますか?PocketPC用APIはl'agendaには用意されていないので使えません。
アプリケーションを開発したいのですがMFCがよくわかりません。入門書はありませんか?基本的な部分はほぼWindows用のMFCと同様です。従って、Windows用MFCの本(Visual-C++の本)が参考書として使えると思います。

■終わりに

 l'agendaはWindowsCE機でありながら、PocketPCでもHandhedPCでも無いメーカ独自のプラットフォーム規格という新しい道を示した。独自規格というと開発が大変そうに思えるが、既存のWindowsCE機とはソフトウェアの互換性が高く、すぐに移植が可能である。またl'agenda本体の値段も安価であり、PDA開発初心者には非常に向いているのではないかと思われます。
 連載はこれで終了しますが、ソフトウェアコンテスト期間はまだ約2ケ月あります。WindowsCE FANに準備している「l'agenda専用開発者向け談話室」等も活用していただき、これはすばらしい!というl'agenda用ソフトウェア開発にぜひチャレンジしてください。
 



最終回 知らないと意外につまずくl'agenda開発Tips

Reported by 古原伸介


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3831d)