POWER PLANT Compaq iPAQ バッテリ

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2002年2月3日(日)版

POWER PLANT Compaq iPAQ バッテリ

バッテリ持続時間が短いというあなたへ送るアクセサリ


■ はじめに

 朝家を出るときに、充電器を兼ねたクレードルから Pocket PC (2002) を取り出して、通勤電車の中で MP3 を再生して楽しみながら、電子ブックリーダー T-Time で本を読む。そして会社ではスケジューラとして使いながら、打ち合わせのメモをとる。しかも、バックライトは最大の明るさに設定。とヘビーな使い方をした場合、大体どんな機種でも、3時間〜5時間程度しかバッテリが持たない。3本目の打ち合わせあたりで、バッテリが切れてしまうのがオチだ。

 今回紹介するのは iPAQ をこんなにヘビーに使っている人のためのバッテリユニット。ユニークなのは、手帳に組み込んで使えるところだ。

■ POWER PLANT バッテリユニット

 2002年2月現在、日本ではまた発売されていないようだが、米国マイクロソフトの Pocket PC ホームページで紹介されたのがこれ。厚さわずか 1cm 未満というバッテリユニットを搭載した Pocket PC 用手帳型カバーなのだ。写真のような本体と同サイズのバッテリを手帳の蓋に内蔵しているのだ。

左が薄型のバッテリ。大きさは大きいが厚さは 1cm 未満らしい

写真は大きいが、小型の手帳型 iPAQ Pocket PC ケース

こちらは iPAQ との縮尺でみていただければ分かるとおり、
A5サイズクラスの大きさの iPAQ ケースだ。内蔵されているバッテリもより大容量なものになっているようだ。

■ バッテリの性能は?

 気になるバッテリの性能だが、4V 2.0〜2.5Ah となっている。これで、内蔵バッテリの持続時間に加え、3時間〜5時間くらい利用できるとかかれている。無線LANカードや、GPSカードを利用する際には、バッテリ内蔵の PCカード拡張ジャケットを利用するのがスマートだが、純粋に iPAQ + CF拡張ジャケットや、iPAQ 本体のみでヘビーに使う人にはおすすめの一品かもしれない。

■ 終わりに

 CES2002 でも感じたのだが、海外ではよほど iPAQ Pocket PC が売れたとみえ、サードパーティから多くのアクセサリが発売されている。価格もリーズナブルだし、何と言ってもバリエーションが豊富だ。現在の使い勝手の点で「後、これがこうなら」と改善したい点がある人は、アクセサリを探してみるのもよいかもしれない。



POWER PLANT Compaq iPAQ バッテリ

Reported by けいたん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3069d)