本格派バスフィッシングゲーム Pocket Bass Pro

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2002年4月4日(木)版

本格派バスフィッシングゲーム Pocket Bass Pro

リアルなグラフィックで臨場感たっぷりのバス釣りを実感!


ソフト購入 ソフトウェアライブラリ
詳細情報 デモ版
Download
TOP
新着順

■はじめに

 本格的かつ完成度の高いソフトを次々と世に送り出しているZIOソフトシリーズだが、今回紹介するのは、臨場感たっぷりで本格的な釣りが楽しめるパスフィッシングゲーム「Pocket Bass Pro」。

 世界各地のフィッシング・レイク・スポットがリアルなグラフィックで再現。またリールを巻く「ジージー」と鳴る音やライン(糸)が切れる音などもリアルなまでに再現されており、より雰囲気を盛り上げてくれる。

グラフィック、サウンドそして本番さながらのルアーアクションでバス釣りの醍醐味のエキサイティングなバスとのバトルフィッシングが実感できること間違いなしだ。

■ゲーム紹介

 この「Pocket Bass Pro」は、「Fishing Trip」(ツアーモード)と「Tournament」(トーナメント)の2つのモードからセレクトして遊ぶことができる。

 ツアーモードでは、日本、韓国、アメリカ、カナダ、オーストラリアなど8ヶ所の世界各地の有名レイクスポットからセレクトしてラウンドすることができる。まずは、やっぱり日本から・・・あるいは憧れのアメリカ・レイクタホなんていうのもいいかもしれない。

スポットごとに生息する魚もさまざま。世界各地へ獲物を目指して釣りツアー!リアルなグラフィックで再現されているので、まるでその土地で釣りをしている気分に浸れるだろう。

一方トーナメントモードは、勝ち上がりバトルフィッシングだ。他の9人の選手と魚の大きさと重さ(1lb<ポンド>=0.45kg)を競い、設定条件(第1ステージは10位中5位以内)をクリアすれば、次のステージへ進むことができる。

制限時間が決められているので時間のプレッシャーがあるのは当然だが、ゲームフィッシング(バスなど)の魚を釣ならいとカウントされないので、何よりも湖のコンディションなどに合わせたルアー選びがステージクリアの大きなポイントとなってくる。まさにカンと経験が必要な本番さながらのプレイヤーの腕が試されるところだ。



「Fishing Trip(トリップモード)」のプレイ画面

「Tournament(トーナメントモード)」のプレイ画面


○Fishing Tripステージ紹介

 日本をはじめ世界の有名釣りスポットが全部で8ステージ用意されている。湖ごとに生息する魚が異なるので、ケースバイケースで適合したルアーを選ぼう。

・Stage1:韓国のLake Soyang(Large Mouth Bass,Brown Trout,Arctic Char,Eel)
・Stage2:日本のLake Toya(Large Mouth Bass,Bluegill,Perch)
・Stage3:ケニアのLake Turkana(Brown Trout,Whitefish,Walleye,Perch)
・Stage4:北アメリカのLake Delaware(Lake Trout,Steelhead,Muskllunge)
・Stage5:イタリアのLake Trasimeno(Small Mouth Bass,Lake Trout,Peach)
・Stage6:ロシアのLake Kola(Grayling.Brook Trout,Northern Pike,Catfish)
・Stage7:カナダのLake Babine(Lake Trout,Brown Trout,Whitefish,Catfish)
 ・Stage8:オーストラリアのLake Tropical(Rainbow Trout,Large Mouth Bass,Arctic Char)


■操作方法

 さて、操作方法だが、右のスクリーンショットを参考に、次の操作説明をチェックしてみてほしい。
ルアー選択、キャスティング、リーリングなど、これらはルアーフィッシングの基本動作だ。よりゲームを楽しむためにまずはこれらの操作を完全にマスターしておこう。


○スクリーン機能

・Time Left(残り時間):トーナメントモードでの残りのタイム
・Power Gage(パワーレベル):キャスティングする時のパワーレベルとリーリングする時の糸(ライン)のひっぱり具合がわかる
・Lure(ルアー):選択しているルアー
・Weather & Temperature(天気):気候や天気のコンディションを表している
・Current Time(現時間):PDAの時間
・Line Length(ラインの長さ):ロッド(釣りざお)とルアーとの距離
・Technique Gauge(テクニックゲージ):ルアー、天気、湖のコンディションなどフィッシングスキルを表している。スキルが適切だとゲージがブルーになる

○ボタン機能
 
・Button 1:Quick Exit(ゲームをやめる)
・Button 2:バスとのバトルの時に、ライン(糸)を緩めることができる
・Button 3:キャスティング、リーリング(リールを巻く)
・Direction Button:キャスティングの方向、魚をフックさせるときに使う

■さっそくフィッシングをはじめよう

 プレイ方法だが、簡単な流れを次のスクリーンショットに合わせてフォローしているのでこちらをぜひチェックしてみてほしい。

【STEP1】
湖のコンディションを確認して、ルアーをセレクトしたら、いよいよキャスティングだ。 十字キーでキャスティングする方向を決めよう

【STEP2】
ボタン3でキャスティング。
パワーレベルを見ながらキャスティングする距離を調整しよう

【STEP3】
ボタン3でリールを巻きながら、たまに十字キーを横にタップして合わせるポイントを探ろう

【STEP4】
魚が近づくと「Strick!」と表示される。
ここがポイント!十字キーを上(または下)にプッシュして、うまく魚に合わせよう

【STEP5】
魚がヒットするといよいよバスとのバトル開始だ。ボタン2でルアーを巻き、ボタン3でライン(糸)を緩める。 パワーゲージを見ながら、バスがバレないようにうまく暴れまくるバスを釣り上げよう。
【STEP6】
バトルの末、見事ゲームフィッシュをゲット!この快感がたまらなく気持ちいい
^^;


■デモ版でまずはトライアルしてみよう

 「Pocket Bass Pro」のトライアル版が、WindowsCE FANのソフトウェアライブラリからダウンロードできるのでぜひダウンロードして遊んでみよう。
※詳細ページはこちら(WindowsCE FANソフトウェアライブラリ)



本格派バスフィッシングゲーム Pocket Bass Pro

Reported by なかもと


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3893d)