本格的なスナイパーゲーム The Mark

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2002年4月17日(水)版

本格的なスナイパーゲーム The Mark

凶悪テロリストを狙撃しろ!

 ↑↑記事一覧へ↑↑追加シナリオ→

ソフト購入 ソフトウェアライブラリ
詳細情報 デモ版
Download
TOP
新着順

■はじめに

 「The Mark」は、テロリスト集団と戦う謎の秘密団体「Eye of the Beholder」のスナイパーになり、テロリストをビルの屋上から狙撃する本格的なスナイパーゲームだ。

ゲームを起動すると、まずその完成度の高さに驚くだろう。かっこいい3Dグラフィックとリアルなサウンド効果、手に汗握るスリリングな緊張感でアーケードゲームで百戦錬磨の人でも十分に楽しめる本格派スナイパーゲームだ。気分はまるでゴルゴ13といったところだろうか。

これが起動画面だ!凶悪テロリスト集団を狙撃しろ!
ミッション前のローディング画面もテンションを盛り上げてくれる

■基本ルール

 まずゲームを起動すると、タイトル画面に「Scenery」「Training」「Config」「Quit」の4つのメニューが表示される。「Scenery」は、「The Mark」のメインモードで、本部から命令されるミッションを完遂しながら進めていくモードだ。5つのさまざまなシチュエーションが用意されており、ミッションをアチーブするとステージクリアとなる。ゲームスタート時には、「New York」シナリオと第1ミッションの「Protect the chicken」が選択できる。ミッションクリアすると次のミッションが下される。

「Training」は、「The Mark」の操作方法が練習できるプラクティスモードだ。ゲームをはじめる前に、このモードで狙撃のヒットポイントをつかんでおこう。実践モードでは、一流のプロのスナイパーに失敗は許されない。


「Scenery」モード
「Training」モード

 操作方法だが、スタイラスで標的に照準を合わし、十字キーの上下で「拡大モード」と「標準モード」の切り替えができる。的確に標的を狙撃するためには「拡大モード」を使おう!標的に照準を合わせ狙いを定めたら「Enter」ボタンを押し狙撃。迫力ある銃声音が鳴り響き、気分はまさしくプロのスナイパーだ。

■実際にプレイしてみよう!

 それでは実際にゲームをはじめてみよう。起動画面の「Scenery」をダブルタップするとプレイヤー登録画面が表示される。画面上部に3つのスロットが用意されており、3つまでプレイヤー登録ができる。一度登録した名前は変更することはできないが、「delete」を使うことで削除することは可能だ。但しいったん削除すると復帰できないので注意が必要だ。

「Name」をタップしてプレイヤー登録しよう

次にプレイヤーが使用する銃を選択しよう。「PSG-1」と「STYER」の2つの銃から選択できる。「PSG-1」は、半自動式ライフルで1度に5発の弾丸を連射できるのが特徴。但し弾のリロードに若干時間がかかるのが弱点だ。「STYER」は、マニュアル式ライフルで、一発撃つたびにリロードが必要だ。だが、リロードする時間が「PSG-1」に比べると短いのが特徴。

それぞれの銃にはこのような特性があるので、ステージの特性とミッションの目的、またプレイスタイルで好みの銃を選択するといいだろう。


5発連射式ライフル「PSG-1」
マニュアル式ライフル「STYER」

プレイヤー登録、そして銃を選択したら、次はパスワード設定だ。「password」をタップすると画面上にキーボードが表示されるので、このキーボートを使って4桁のパスワードを入力する。忘れるとクリアしたゲームに戻ることができないので覚えやすいパスワードを設定しよう。

パスワードを設定して「Next」をタップすると続いてプレイするシナリオとミッションを選択する画面が表示される。ゲームスタート時には、「New York」シナリオと第1ミッションの「Protect the chicken」が選択できるようになっている。ミッションクリアするとネクストミッションが追加され、一度クリアしたミッションはいつでも楽しむことができるようになる。

最初の舞台は「New York」だ

シナリオとミッションを選択して「Next」をタップすると次はミッション説明画面が表示される。ミッションの攻略ポイントが確認できるのでここは確実に解読しておこう。「Mission Go」をタップするといよいよゲームスタートだ。

ゲームがスタートすると、仲間から通信窓を使って今回のミッション指令や敵の動きなどの情報が届く。仲間からの指令に従ってミッションを完遂しよう。テロリスト以外にも予告無しに突然ヒットマンが出現する。仲間が通信窓から警告する「Warning」という指示がきいたら直ちにヒットマンを見つけ出し、約10秒の制限時間以内に狙撃しよう。制限時間を超えるとゲームオーバーだ。

こいつを守るのが今回の指令。凶悪テロリストから守り抜け!
どこからともなくヒットマンが突然姿をあらわす

もちろん弾には制限があるのでむやみに撃ちすぎると弾切れになってしまう。プロのスナイパーにはあり得ない失態だ。最初はうまく敵にヒットすることができないかもしれないが、うまくターゲットに照準を合わせて凶悪テロリストを狙撃しよう!ビルの屋上から「じーっと」ライフルのスコープを覗き込み、ターゲットに照準を合わせて狙撃する緊張感はまさしく手に汗握る感じでスリル感抜群だ。

■ミッションクリアのポイント

 ミッションを遂行する上で重要になってくるのが「ライフル選び」と「スコープコントロール」だ。一発だけでは倒れない標的や動きまわる標的など、狙いを定めて標的を狙撃するためには高度な技術が必要とされる。銃の特性を活かしステージにあった銃を選んでミッションに乗り込もう!また、的確に標的を狙撃するためには、スコープコントロールも重要になってくる。ステージ全体を偵察するときには、「Sniping Mode」、そして精密に標的を狙撃するときには「Pinpoint Sniping Mode」とその状況に合わせて瞬時に切り替えよう。

【一般画面】画面全体を見ながらテロリストを探したりステージ全体を偵察するときに使う
【拡大画面】拡大画面に切り替えると的確に標的を狙撃することができる


■まずはデモ版で遊んでみよう

 「The Mark」のトライアル版が、WindowsCE FANのソフトウェアライブラリからダウンロードできるのでぜひダウンロードして遊んでみよう。手に汗握るスリリングなスナイパー気分が味わえること間違いなしだ。
※詳細ページはこちら(WindowsCE FANソフトウェアライブラリ)



本格的なスナイパーゲーム The Mark

Reported by なかもと


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3621d)