スペックで見る東芝”GENIO e550G” XScale搭載、液晶は大画面4インチに!!

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2002年4月18日(木)版

スペックで見る東芝”GENIO e550G” XScale搭載、液晶は大画面4インチに!!

ついに出た!W杯公認PDAの本気はこれだ!!

←速報&概要↑↑記事一覧へ↑↑写真で見る(1)→

小さなボディ一杯に画面が広がる

■はじめに

東芝から発表されたGENIO e550G は、CPU に Intel の XScale を搭載。そして GENIO の特徴である小型ボディを守りつつ(実際は1.5mm薄くなっている)、業界最大の4インチ液晶を組み込んだ。写真を見ればご理解頂けると思うが、液晶の占める割合の大きさには驚くばかりだ。スタイル/デザインもより高級感が出て、好感が持てる。

いうまでもなく、これまでのGENIOの良い所は受継いでいるが、さらに細部でアップデートがされているところがあるようだ。これについては別途レポートすることとしたい。

また、CPU が変わったことにより、連続駆動時間が気になるところだが、CPU のクロック数を調整することによりかなり伸ばすことができる模様。ノートパソコンでいう「バッテリ優先」モードのようなイメージで、処理速度を遅くすることで長時間駆動を実現できる。

このあたりも、機会があれば後日ベンチマークテストをしてみたいと思うが、まずはカタログスペックを確認しよう。


東芝 GENIO e550G
CPU Intel PXA250 アプリケーションプロセッサ400MHz
(Intel XScale マイクロアーキテクチャ搭載)
OS Microsoft Pocket PC2002 Software(Windows CE3.0)
RAM 64MB(SDRAM)
ROM 32MB(FLASH ROM)
ディスプレイ 反射型TFTカラー低温ポリシリコン液晶(フロントライト付)
色数 65,536色
画面表示 240×320ドット
画面サイズ 4インチ
カードスロット CF TypeII , SDIO
拡張ユニット PCカード拡張ユニット バッテリ拡張ユニット(別売り)
入出力インターフェース USB(Client/Host)、RS-232C、ステレオヘッドフォン赤外線
バッテリ方式 アドバンストリチウムイオン3.7V 1100mAh
バッテリ駆動時間 200MHz選択時約13時間
400MHz選択時約10時間
(※フロントライト消灯時)
---バッテリ拡張ユニット使用時---
最大約25時間(200MHz駆動時)
最大約20時間(400MHz駆動時)
バッテリ充電時間 4時間
メモリ保持時間 75時間(電源ONができなくなってから)
外形寸法 W76.5×D125.0×H15.9mm
重量(バッテリ含む) 本体約170g
主な付属品 ACアダプタ、USBクレードル、CD-ROM1枚、スタイラス、ソフトケース
主なオリジナルソフト 辞スパ(英和・和英・国語辞書)
JRトラベルナビゲータ
モバイルアトラス for TOSHIBA
GENIO-Speech(音声読み上げ)
EasyViewer for GENIO e
Clear Vue Office(ファイルヴューア)
Jeode Ver1.9
i-enabler
i-navigator
Flash Player
T-Time for PPC2002
東芝オリジナル壁紙




スペックで見る東芝”GENIO e550G” XScale搭載、液晶は大画面4インチに!!

Reported by おかもん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3704d)