写真で見る東芝”GENIO e550G” <その1> まずは基本部分をチェック!

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2002年4月18日(木)版

写真で見る東芝”GENIO e550G” <その1> まずは基本部分をチェック!

ついに出た!W杯公認PDAの本気はこれだ!!

←スペックで見る↑↑記事一覧へ↑↑写真で見る(2)→

試作機をいざ起動!画面がとにかくデカイ...

■動作している試作機を突撃取材!

気になるところがたくさんある新GENIO e550G だが、まずは基本で外観からチェックしていこう。

新製品発表の情報をゲットした我々は、早速東芝へ突撃取材を実施したのだが、そこでは開発中の試作機とはいえ、動作しているモノを見せて頂くことができた。
最初の印象として、やはり画面の大きさには正直かなり驚いた。感覚的に「液晶パネルを手に持っている」という印象を持つくらいだ。担当の方のお話によると、

『東芝独自開発の低温ポリシリコン液晶を採用したことにより、上部と左右のフレーム部分がこれまでに類を見ないほど細くすることが可能になり、e550X の小型ボディを守りつつ4インチの大画面を実現することができた』

とのことだ。正直写真ではなかなか通じないかもしれないが、実際に手にとってみると、かなりインパクトがある。とにかく「大きな画面」という印象を与えてくれる。

かなりイケていて、非の付け所が無いくらいの e550G だが、個人的にはこの大画面液晶を保護するカバーが欲しいと思った。Palmや jornada、PocketGear のような薄いカバーが付けられると安心なのだが、残念ながら標準ではサポートされていない。また、iPAQ H3800 シリーズに標準添付されているような、ジャケット一体型のカバーなんていうのもカッコ良ければ欲しいのだが、あのサイバーな感じは、やはりiPAQならではなのだろう...うーむ...
東芝純正ではなくても良いので、いやむしろ純正でない方が良いかもしれないが、周辺機器メーカーなどから、スマートorカッコ良いカバーが提供されることを強く期待したい。

■各部を写真でチェックしよう

画面の大きさが際立つ新GENIO
十字キーまわりも変更になった
8方向+押込みで決定キーとして使える
カッチリしており e550X より格段に操作しやすい
上部。
CFスロットのカバーがシャッターに変更された
下部。コネクタの形状が変更されている
前モデルまでのオプション品などは使えない
新旧GENIOの右側。写真下がe550G
サイドパネルが短くなっている
新旧GENIOの左側。写真下がe550G
わかりにくいが上部(写真右側)にストラップ穴が新設



写真で見る東芝”GENIO e550G” <その1> まずは基本部分をチェック!

Reported by おかもん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3742d)