驚異の手書き認識ソフト「Decuma Japanese」 モニタレポート報告 その2

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2002年4月22日(月)版

驚異の手書き認識ソフト「Decuma Japanese」 モニタレポート報告 その2

「Decuma Japanese」モニタ・レポート 体験したユーザーの報告

←モニタレポート1↑↑↑hp jjornada568↑↑↑モニタレポート3→

これまでの常識を覆す認識ソフト

■ はじめに

 先月、WindowsCE FAN では、hp jornada568 だけで使える驚異の手書き文字認識ソフト「Decuma Japanese」のモニタリング・キャンペーンを行った。モニタに当選したユーザーの方々から、この「Decuma Japanese」についての使い勝手報告が届いているので、順に紹介していこう。

 なお、WindowsCE FAN では、このご好評に応えて、2002年4月29日(月) 12:00 まで限定で、この「Decuma Japanese」を追加でプレゼント中だ。前回モニタに当たらなかった人、前回このキャンペーンを知らなかった人も、この機会にもらっちまいましょう!

→ これで最後! jornada568ユーザー必見! 驚異の手書き文字認識ソフト「Decuma Japanese」 300本モニタリング・プレゼント!

■ モニタレポート その2

その2では、4本のレポートをまとめて紹介している。2番目のレポートにもあるのだが、Decuma Japanese では標準で4文字、ひらがな/カタカナ入力モードで6文字しか入力マス目がない。このことから、最大でも 6文字しか入力できないのでは? と思っている人はいないだろうか? 実際には Pocket PC が許す限り何文字でも入力できる。

やり方も気付けば簡単だ。最右側のマスまで書き切ったら、そのまま左側のマス目の文字を上書きしてみよう! このときに、△マークなどをタップしてはいけない。そのまま上書きすることで、今まで入力した6文字(標準なら4文字) が未確定のままインラインに送られるのだ。これを知れば、何文字でもひらがなで入力して、一括変換することができるので便利だぞ。



Decuma Japaneseを使ってみて、全体的に良くできていて、これを使い始めたらPocketPC標準の入力システムは使う気が起こらないというのが、正直な感想です。

まず、良かった点として、

具体的には、まず入力エリアがPocketPC標準では2マスであるのに対し、Decuma標準では4マスあり入力がスムースに行える。漠字、ひらがな、カタカナ、英数がそれぞれ色分けされており、誤認識された時に非常にわかりやすい。特に“夕”と“タ”や“口”と“ロ”の場合など。

また、誤認識された際、候補文字が一度に8つ表示されるため訂正がしやすい。

誤認識された際、たいていの場合候補文字の中に入力したい文字が入っているのには感心した。この誤認識された時の訂正のしやすさもDecuma独特のものであり、画期的なものだと感じた。

PalmOSが英数と数字の入力を分けてできたように、入力パネルが標準、ひらがな、英数と3種あり適宜切り換えることにより入力精度が増す。特に英数を入力する時に便利だと感じた。

今一歩だった点

小さい“っ”と“。”の入力の際に誤認識が多い気がする。手書き入力の限界というか、画数の多い漢字ではやはり誤認識が多くなってしまう。

個人の書きぐせを登録できるようになるとさらに良い。

まとめ

一回目での認識率の高さもさることながら、誤認識した際の訂正方法に今までになかった独特な手法がとられ、その手法が入力のしやすさを倍増させていると感じた。




・入力マスが標準で4文字、英数では8文字分あり、しかも連続で入力できるので紙に文字を書いている要領と同じイメージで入力できる点が、非常に使いやすい。

・特に英数字はラインがついていて、大文字、小文字の入力が秀逸です。

・変換速度も選択できるため、入力スピードも遅くできる点はよいです。

・漢字の次候補がmax8文字出てきますが、もう少し多いとよかったと思います。

・あと、JIS第2水準漢字の対応がもう少し多いとうれしいです。私事ですが私の名前は「將之」と申しますが、「將」がどうしても変換できませんでした。おそらく対応していないのでしょう。

いままで有りそうでなかった画期的な手書き認識ツールだと思います


モニタリング・プレゼントに応募。抽選に当り、早速使用させてもらっています。第一に認識率の良さと間違った場合の修正の候補が表われ非常に使いやすく、また標準とかカタカナ等の使い分けも選べ非常に入力しやすいものとなっており、これが外国製ソフトですから驚きです。

Pocket Keyboadも購入しましたが、手書き認識がメインとなりそうです。これからも使い込んでみたいと思います。
大変よいソフトを有難うございました

と言う訳で、使用レポートを送らせてもらいます。

 まさか当選するとは思わなかったので、送り主が書いていない郵便物を見た時は、同じ時期に購入したゲームソフトかと思いました。あぁ、毎日 WindowsCE FANを見てて本当に良かった。ヤ○ギワの店員さん、「Decumaを単体で売ってくれ」などと無理を言ってしまってゴメンナサイ。

 さて、早速 送られて来たCD−ROMからインストールしてみましたが、なぜか入力方法が切り替わりません。Decumaに切り替えても通常の手書き入力になってしまう...。Transcriberの時も同じ現象だったのですが、自分の環境だけの問題でしょうか? とりあえずDecumaのみにすれば問題なかったのでひと安心。もっとも Decumaさえあれば、他の入力方法は利用しないつもりだったので関係ないのですが。

 実際、使用してみると確かに使いやすく、入力文字のヒット率も驚くほど高い。まるで「第1回チキチキ アイスコーヒーは、どこまでアイスコーヒーなのか!?」で欧陽菲菲(オーヤンフィーフィー)をアイスコーヒーと認識するくらい(注意:認識しません)のインパクトがあります。もちろん「ふ」も認識してくれます。入力、修正中の文字が種別によって色が違う事や、修正候補一覧の表示方法など、だれが考え出したのでしょうか。再入力する時にダブルクリック(正確には一覧で[×]を選択)で出来るのにも関心しました。今まで外出先では、ほとんど入力しない人間だったのですが、これからは、そんな事は無くなりそうです。

 インストールした次の日、遠い親戚の小学校低学年の兄弟と合う機会がありましたので、Decumaを使ってもらいました。教えたのは枠内に文字を書き込む事と変換キーと削除キーについてだけです。最初のうちは、削除キーを連打していたりしましたが、しばらくすると思っていた以上にスムーズに入力をしていました。ただ、習ったばかりの漢字を入力しようとした弟君が書き順が間違っているため四苦八苦している場面もありました。もしかしたら書き順を覚えるのにも利用出来るかもと’思いましたが、ある程度は融通がきくようですね。ちなみにjornadaを返してもらった時に2人が残した文章が以下です。ゲーム感覚で使っていたため文章にはなっていませんが、最初のノタノタは、いったい何を入力したかったのだろうか...

 ノタノタ ,田のしの山口弘樹諒喜代美缶正解ノ率・鬱歯弓ノ人のるし

 書き順の問題の他にも、いくつか気になった点を。

 ひとつは長文入力時について。今までの手書き入力では、だらだら平仮名を入力して、いっきに変換する方法をとっていたので、6文字しかないのは、ちょっと残念でした。もちろん後から長文を変換をする事は可能なのですが、変換部分を指定しないといけませんし。(もしかして、他に良い入力方法があるのでしょうか?) 例えば、入力した文字が左にスクロールなどしてくれると便利なんですけどシステムの関係上難しいのでしょうね。



WindowsCE FAN 注: 一番右側まで入力し終えたら、そのまま何のボタンも押さずに、左側のマス目に書いてみましょう。そうすると、未確定のまま、7文字目を入力することができます。標準の手書き入力パネルと同じような使い勝手が余裕で可能ですよ。

 もうひとつは入力枠のサイズが小さくなったぶん、じっくり入力しないといけない事。以前は枠が大きく、揺れるバスの中でも入力する事が出来ましたが、今回はさすがに難しそうです。まぁ認識力が上がった事を考えれば、それほど問題では無いですし、枠を大きくすると枠の数が減るので、それも問題になってしまいます。まあ、考え方によるとは思いますが。

 いろいろ書きましたが、やはり標準の手書き入力や、以前に使っていたザ○ルス、WindowsのIMEパッドに比べれば、遥かに使いやすいのは間違いありません。幸い自分はソフトを入手する事が出来ましたが、全ての jornadaユーザー、出来れば全ての手書き入力派の人に使ってみてもらいたいですね。


こんにちは、Decmaのモニ夕が当った者です。ー週間しか使ってませんが結論から言うと最高です。
もう手離せません。

とくに打ち合わせのメモ書きや立電車など立った状態での入力に威力発揮しています。
ー方メールなど長文入力にはJ0R568のKB入力で使い分けています。HPさんのキャンペーン通りですね(笑)

以前友人にZaurus触らせてもらい、比較したCEの手書きの遅さと認識の悪さに愕然としましたがDecmaなら十分対坑できます。

以下良い点箇条書きします

1認識が早く認識率も良い(私はかなり悪筆です)
2UIが良く修正が楽
3プログラム用メモリは思ったほど食わない

いまいちな点と要望は

1動作時のメモリはそれなりに必要
acrobat,Netfront、さいすけを立ち上げていたら64Mでもメモリ不足のダイアログが出て認識が出来なくなった

2誤認識時の修正履歴から学習して認識率上げて欲しい

最後にこういう手書きの意外な効用があってIME病で漢字忘れが激しかったのが少し戻ってす。
また仕事でよく台湾にいきますが筆談にも使えそうですね。(繁体字サポートが必要ですが)

なお、この全文は電車の中でDecmcで入力しました。



レポートインデックス: 1 | 2 |



【関連記事】





驚異の手書き認識ソフト「Decuma Japanese」 モニタレポート報告 その2

Reported by けいたん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3769d)