iPAQバンドルCDからエンターテイメントをセットアップしよう! 「Windows Media Player 8 for Pocket PC」、「EasyViewer for iPAQ」の概要

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2002年6月18日(火)版

iPAQバンドルCDからエンターテイメントをセットアップしよう! 「Windows Media Player 8 for Pocket PC」、「EasyViewer for iPAQ」の概要

COMPAQ iPAQ PocketPC2002 H3800シリーズ

←前へ 次へ→

■はじめに

 「COMPAQ iPAQ PocketPC2002 H3800シリーズ」に同梱されている「CD-ROM」に収録されているプログラムには以下のカテゴリに分けられたモジュールが用意されています。

 ・モバイル性
 ・エンターテイメント
 ・ツール
 ・ゲーム

 あらかじめ、不要なソフトウェアがROMにセットアップされて、メモリを無駄にしようされてしまうより、自分に必要なソフトウェアをセットアップして使用できるという利点があります。

 今回は上記4項目のうち「エンターテイメント」についてご紹介します。

■エンターテイメント

 ○「Microsoft Windows Media Player 8 for Pocket PC」の概要

  1.ストリーミング (ワイヤレスを含む) およびダウンロードされた「V8 デジタル・オーディオおよびビデオ」の再生が可能です。

  2.フル画面での再生 (横方向)、再生リストの管理、メディア ファイルの自動同期、著作権管理のサポートが可能です。

  3.従来の「Microsoft Windows Media Player」同様、スキンの変更が可能です。
   ※以下は「スキン」の変更を行った場合です(画像:左-WMV用のスキン、画像:右-WMA用のスキン)。

 ○「EasyViewer for iPAQ v3.21」の概要

  1.本体RAMや外部メモリに記録したデジタル画像を多彩に表示できる高機能画像ビューアです。

  2.特徴は以下の通りです。
   a)1枚表示/インデックス表示/1枚+インデックス表示/スライドショー表示の4形式の表示モード
   b)JPEG形式、BMP形式、FlashPix形式の画像フォーマットに対応、またCIFF形式やDCF 形式のデジタルカメラフォーマットにも対応
   c)スライドショー機能
   d)元の画像に対し「手書きペイント機能」によりスタイラスペンで重ね書きができ、ペンの太さ、色の変更も可能
   e)画像にテキスト及びで手書きコメントの付加が可能
   f)元画像をJPEG形式やHTML形式に変更しての保存可能
   g)表示サイズの拡大縮小
   h)90度単位の回転
   i)明るさの調整機能

  3.「ツールバー」の「編集」には画像加工を可能とするサブメニューがあります(画像:左)。また、「表示」にはスライドショー、サイズ変更等の画像表示をコントロールするサブメニューがあります(画像:右)。

  4.「ツールバー」の「ツール」には画像の送信関連のサブメニューがあります(画像:左)。また、「情報」ではファイル名、画像サイズ等の情報の確認と、「EasyViewer for iPAQ」のバージョンの確認ができます。

■あとがき

 今回は「COMPAQ iPAQ PocketPC2002 H3800シリーズ」に同梱されている「CD-ROM」に収録されている「エンターテイメント」についてご紹介しました。
 既にお馴染みとなったソフトウェアもありますが、スペックが改善された「PocketPC2002」ではどのソフトウェアも軽快に動作します。



Reported by BEATBOY


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3832d)