ソニー CLIE PEG-T650C ロードテスト第1回 パッケージ内容

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2002年6月23日(日)版

ソニー CLIE PEG-T650C ロードテスト第1回 パッケージ内容

Palm互換機 ソニー CLIE T650C スタンダードなスタイルに外付け小型キーボードという発想

 ↑↑CLIE PEG-T650C一覧↑↑第2回→


■はじめに

 すでにお伝えしたソニーのPalm互換機「CLIE PEG-T650C」が 、2002年6月8日発売された。
 
 ソニーの Palm互換機「CLIE」のラインナップの中で、PEG-Tシリーズには、カラー液晶モデルのT600、モノクロ液晶モデルのT400があり、現行の CLIE ラインナップの中で、最も軽量・薄型のフォルムで Palmらしさを発揮していた。今回、発売された「PEG-T650C」は、カラー液晶モデル「PEG-T600C」の後継として市場に投入された。これに伴い、従来機種の PEG-T600は生産終了となった。

■ 新製品 PEG-T650C のポイントは?

 ポイントは下記の3点だ。

  • 折りたたみモデルのNR70シリーズに引き続きPalm最速の66MHzCPUを搭載。
  • Tシリーズとして新たに音楽再生機能(MP3、ATRAC3)が加わった。
  • 専用アクセサリーとしてミニキーボードが加わった。

 筆者の感想としては、筐体サイズは従来の「PEG-T600」と全く同じで、操作感・重量感をほとんど変えずに、中身のバージョンアップを実現したことについては合格点を与えたい。また、筆者のような従来からの Palm機ユーザーにとっては、CPU速度が従来の 33MHz から 66MHz の2倍になったことで、やはり操作感が向上しているように思う。

 もっとも、こうした低クロックな中での向上というのは、StrongARM 206MHz だの、XScale PXA250 400MHz だのと言っている Pocket PC / WindowsCE 業界には、ほとんど関心がないことかもしれない。今回は、前回レビューした CLIE PEG-NR70V の時と同様、Pocket PC と比較した場合の Palm らしさ (Palm のよさ) のようなものをお伝えできればと思う。

 具体的には、4月に発売された折りたたみモデルの「CLIE PEG-NR70」と共に、Palm業界の先頭を走る趣の異なる2機種の利用シーンを考察する中で、Palmらしさ溢れる「CLIE PEG-T650C」の良さについて紹介してみたい。

■まずは開封!

 まずはお約束のパッケージ紹介からお届けしよう。

 CLIEおなじみのグリーン基調のパッケージデザインである。
 折りたたみモデルほどのインパクトはないが、筐体がコンパクトな上に、パッケージにイヤホンが加わったことで音楽も聞けるんだということがダイレクトに伝わってくる。

 また、ミニキーボードのパッケージも見るからに機能性や操作感の良さが伺え、この時点でNR70のハードウエアキーボードより使えると感じた。「CLIE T650C」のミニキーボードは一見すると、携帯電話のミニキーボードに近い雰囲気だ。

 次回は、前回紹介した折りたたみCLIE「PEG-NR70」との筐体の比較とともに、「CLIE PEG-T650C」およびミニキーボードの使用感についてご紹介しようと思う。



ソニー CLIE PEG-T650C ロードテスト第1回 パッケージ内容

Reported by とうどう


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3099d)