「TOSHIBA GENIO e550G」にジャスト・フィット「CROSS MicroPen」+「MiniBar」

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2002年7月22日(月)版

「TOSHIBA GENIO e550G」にジャスト・フィット「CROSS MicroPen」+「MiniBar」

この「頭数ミリ」は気になるか?加工すれば突出部は「1ミリ程度」に!


■はじめに

 東芝から発表された「GENIO e550G」は「CPU」に「Intel」の「XScale」を搭載。そして、従来の「GENIO」の特徴である小型ボディを守りつつ、業界最大の4インチ液晶を組み込んで、話題をさらっているようです。

 当然、東芝の「GENIO」サイトでは「e550G専用オプション」として、「本体付属スタイラスの3本セット(型番:CEX0124A)」が販売されていますが、純正のスタイラスペンはどのWindowsCEマシン、PocketPCマシンでも軽すぎたり、持ちにくかったり、デザインが悪かったりと不満が残ります。
 メーカ様には本体の性能・デザインだけでなく、スタイラスペンにも気を使ってもらいたいものですね。

 さて、「WindowsCE FAN」で何度かお世話になった「信頼文具舗」の和田様から「GENIO e550G」のスタイラスペンに関し、耳寄りな情報が入りましたのでご報告いたします。

■「CROSS MicroPen」+「MiniBar」

 1.以下は「CROSS MicroPen」のパッケージと「TOSHIBA GENIO e550G」です。
  ※「TOSHIBA GENIO e550G」は簡易PDAケースを取り付けて撮影しています(以降、同じ)。

 2.「GENIO e550G」純正のスタイラスペンは以下のようなものです。

 3.「信頼文具舗」の和田様によると、「CROSS MicroPen」が「GENIO e550G」にフィットするようです。
  ※幅はジャスト・フィットするようですが、長さが数ミリ長いようで、装着時、本体から「頭数ミリ」出てしまうようです。但し、後述する方法で、軸後端に装備されているスタイラスチップのサイド部分を少し削ると、「頭1ミリ程度」出るだけで済むようです。

  ・以下の画像が「CROSS MicroPen」です。

 4.この「CROSS MicroPen」の「ボールペン」部分を「MiniBar」と取り替えることで、装着時の「頭数ミリ」を気にしなければ、最適なスタイラスペンになるとのことです。

  ※「MiniBar」は「掌極道(ぱ〜むごくどう)」様が開発した携帯端末機器入力用のスタイラス替芯です。

 5.以下のように「CROSS MicroPen」のボールペン側を取り外し、「MiniBar」と取り替えます(以下の画像のうち左下にある「白」と「黒」が「MiniBar」です)。

 6.画像:左-「MiniBar」と取り替えた「CROSS MicroPen」のスタイラス側、画像:右-軸後端に装備されているスタイラスチップです。

 7.さて、 「MiniBar」と取り替えた「CROSS MicroPen」を「GENIO e550G」に装着してみましょう。

  ・以下の3つの画像を見ていただければ、よくわかりますが、どうしても、元々装備されているスタイラスチップ部が本体から「頭数ミリ」でてしまい、残念です。
   この「頭数ミリ」を許せるかどうかはユーザの判断にお任せしましょう。

 8.この「頭数ミリ」を許せないユーザは「CROSS MicroPen」の真ん中のふくらみを残し、そのふくらみにあわせて、スタイラスチップ側を削るように加工してください。これにより「1ミリ程度」の突出で済みます(情報・画像提供:「Michinaga」様)。
  ※注意事項:「CROSS MicroPen」の加工に際し、引き起こされたトラブルは「Michinaga」様、筆記具メーカ、「信頼文具舗」様、及び「WindowsCE FAN」の責任範疇外です。加工は自己責任において行ってください。

  ・画像:左-「MicroPen」の加工ポイント、画像:右-加工した「MicroPen」を「GENIO e550G」に装着したところです。

 ○価格:「CROSS MicroPen」 \2,000-
      :「MiniBar」白黒・各1本セット \700-

 ※注意事項:「MiniBar」装着時のトラブルは筆記具メーカの保証対象外となります。

■あとがき

 「GENIO e550G」はデザイン的にも重量的にも優れています。せっかく、ここまで、優れたPDAを作り上げたのですから、スタイラスペンという細部にも気を使ってもらいたいものです。
 今回、「GENIO e550G」のスタイラスペンについて、ご紹介しましたが、スタイラスペンは「GENIO e550G」に限らず、不満の多いものです。ほとんどの作業をスタイラスペンで行うPDAですのでスタイラスペンにも工夫が欲しいものですね。

 今回、貴重な情報と「CROSS MicroPen」+「MiniBar」の画像を提供していただいた「信頼文具舗」の和田様、及び「GENIO e550G」での「CROSS MicroPen」+「MiniBar」使用の画像を提供していただいた「けいたん」様にこの場を借りてお礼申し上げます。

 また、「頭数ミリ」を「1ミリ程度」にするための「CROSS MicroPen」加工情報を提供していただいた「Michinaga」様にお礼申し上げます(2002/07/22:追加)



「TOSHIBA GENIO e550G」にジャスト・フィット「CROSS MicroPen」+「MiniBar」


Reported by BEATBOY


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3769d)