ブラザー、モバイルプリンタ「MW-100」 【第2回】カンタン印刷!実践編

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2002年8月12日(月)版

ブラザー、モバイルプリンタ「MW-100」 【第2回】カンタン印刷!実践編

世界最薄!外出先から印刷できる携帯情報端末向けプリンタ

←第1回へ  

さて前回の終わりに触れたとおり、第2回目になる今回は、モバイルプリンタの印刷手順について紹介していきたいと思う。操作性にも優れており、思った以上にカンタンに印刷することが可能だ。

■モバイルソリューション

 その前に、まずは本製品の活用例を見ていくことにしよう。用途的には、次のようなソリューションが期待できる。

◎営業支援ソリューション/サービス支援ソリューション

例えば、ビジネスユーザーの方で、外出先でお客様にデータではなく紙で渡したいと思ったことはないだろうか。メディアで受け渡して相手方に印刷してもらうという方法も考えられるが、これを使えば、その場で簡単にお客様に提案書や見積書、メモなど印刷して渡すことができ、ちょっとしたパフォーマンスにもなるかもしれない。

  • 提案書・見積書、修理作業明細書・納品書の印刷
  • メール、プレゼン資料、インターネット情報、各種ドキュメントの印刷
  • PDAの画面のキャプチャー、HTMLベースのアプリケーションの印刷

    ◎現場支援ソリューション

  • 訪問介護への支援・・・訪問介護の介護記録・日報を印刷することで、介護作業をより効率的に。
  • 小規模店舗支援ソリューション・・・A4プリンタを置くスペースのない小規模店舗での日報、売上データの印刷に。
  • 検針業務・・・検針データ、および電気・ガス等のメーター交換での履歴データ管理に。
  • 工事現場指示支援・・・工事現場での簡単なCADデータ・作業指示を印刷することで、現場への指示がより正確に。
  • 医療支援・・・患者の名前などをシール紙に印刷し、患者ごとの投与すべき薬・点滴に貼り付けるなど、病院内作業の効率化に。
  • 在庫管理ソリューション・・・倉庫内でPOSシステムと連動したPDAから、その場で割り振られた製品名を印刷することで、在庫管理をスムーズに。

    ■簡単操作でその場でプリントアウト

     さて続いて印刷手順について紹介してみたいと思う。PC/PDA両方に対応しているが、本レポートではPDAでの印刷手順について紹介することにする。

    まずPDAでこのモバイルプリンタを利用するためには専用のソフトウェアをインストールする必要がある。製品にCD-ROMが同梱されているので、手順にしたがい、成功的にインストールできるとPocket Outlook のスケジュール、連絡先、仕事、メールやメモ、クリップボード、画面キャプチャ、画像ファイルが印刷できる印刷アプリケーションがインストールされる。

    基本的にはプリントできるアプリケーションは限定されているが、PocketPC用テキスト印刷ソフトウェア「PrintPocket CE」というソフトウェアを別途購入してインストールすると、WordやExcel、PowerPoint、Emailの印刷も可能となり、利用シーンの幅もかなり広がるようになる。

    ◎PrintPocket CEの詳細はこちら

    ※本製品はほとんどのPocket PCに対応しているが、一応、動作確認済みのPocket PCを下記のページで確認しておくことをお勧めする。

    http://www.brother.co.jp/jp/mwprinter/info/mw100/mw100_ksh.html

    それでは、以下の写真を見ながら印刷方法を確認していくことにしよう。

    ソフトウェアをインストールすると写真のような印刷用のアプリケーションがインストールされる。
    画面キャプチャを印刷。「画面キャプチャの印刷」をタップすると画面右上に写真のようなアイコンが表示される。

    キャプチャしたいファイルを開き、右上のカメラアイコンをタップする。
    印刷プレビュー画面。プリンタ設定、グラフィックスなどの設定ができる。

    プリンタ設定画面。適切な「プリンタ」「ポート」「用紙」などを選択。
    印刷ボタンをタップすると印刷データの送信準備がはじまる。100%になったらいよいよ印刷がスタートする。

    モバイルプリンタ本体右側にあるIrDA赤外線とPocket PCの赤外線通信インターフェースを20cm以内近づける。
    現在出力中。実は以外にもこんなところから出力されてくる。


    出力完了。かなりきれいに出力されているのがわかる。 シールラベル用紙を使って、WindowsCE FANのファイルのラベルを作ってみた。

    ■そのほかのオプション

     これ以外にオプションとして、ノートPCに装着できる「2WAYスタンド」や印刷されてくる用紙を補助する「ペーバーガイド」、ベルトに装着できる専用ケースなども近日に発売予定とのことだ。少々見ずらいかもしれないが、イメージとしては下の写真のような感じだ。詳細については、製品ページを参照していただきたい。

    2WAYスタンドを使えば、モバイルプリンタを机上に立てることもできる。 後ろのフックを使うとPCに装備することもできる。驚きの活用方法だ!

     

    左がペーパーガイド、右が専用ケース。専用ケースは一部革張りとなっておりクールなデザインとなっている。 ペーパーガイドを装着したまま専用ケースにそのままスッポリと収納することができる。左側にIrDA赤外線インターフェース用の穴が開いている。



  • ブラザー、モバイルプリンタ「MW-100」 【第2回】カンタン印刷!実践編

    Reported by なかもと


    Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3771d)