写真で見る TabletPC ソフトウェアデモンストレーション

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2002年8月29日(木)版

写真で見る TabletPC ソフトウェアデモンストレーション

一体何が新しいのか?


■デモで見るTablet PC Editionの特徴

8月28日に発表された「Windows XP Tablet PC Edition日本語」。一口で言ってしまえば「ペン操作も可能なWindows」ということになるわけだが、具体的に何が出来るのか?というのは意外と知られていない。実のところは、Windows XPのスーパーセットという位置づけのため、「通常のWindowsで出来ること全て」+「Tablet PC Edition独自の機能」が使用可能だということになっている。その「独自の機能」がどんなものなのか、実際にデモを交えて説明がされたので、今回はその概要をご紹介しよう。


OS標準の機能として用意された入力パネル。つまるところ、PocketPCでいう手書き入力/検索パネルのように、キーボードの代用品となるようだ
OS標準搭載の手書きノートソフト、Windows Journal。Journal自体は入力メソッドとして使い、記入したノートを他のアプリケーションに貼り付けることも可能と思われる

Office XP用のTabletアドイン。これを導入することで、ワードやエクセルでも手書き拡張機能が使える。PowerPointでは、ホワイトボードのように使えて非常に便利そうだ
小学生の自由研究を例にとったデモ。写真を並べ、自由に書き込みができる。模造紙に比べて、書き込み/抹消が自由に出来るという大きなメリットがある

これも同じ自由研究のデモ。エクセルで作成したグラフの上にも直接書き込める。なお、このアプリケーションは、上で紹介した「Journal」だ。他アプリのデータを貼り込めることが分かる
デモの二つ目。保険会社の調査レポートを作成している。紙同様、写真に直接書き込んでいる感覚だ

■サードパーティーソフトウェア

以上はMS純正アプリケーションのデモ。サードパーティー製アプリケーションでも手書きに対応したものが多数発表された。大半は、現在既にメジャーになっているアプリケーションに、手書き拡張機能を付加したものになっているようだ。
今回の発表では実際に動かしているところは見られなかったが、発表された中で面白そうなタイトルをいくつかご紹介しよう。

おなじみ「駅すぱあと」の対応版。手書き拡張機能がアプリケーションの標準機能として取り込まれるようだ
こちらもおなじみ「筆まめ」のTabletPC対応版。通常の筆まめのアドオンとして提供される予定で、はがきに手書きで絵や字が書けるという非常に正統派の機能が付加される

愛用する漫画家もいることで有名な「ComicStudio」も対応。液晶画面がタブレットになる以上、普通のペンタブレットよりもはるかに描きやすくなるのは疑いようがない。問題は感圧機能がどう再現されるか、だろう
プレゼンターも一押しのソフトが、「サインがパスワードの代わりになる」このアプリケーション。Tablet PCならではのソフトウェアだと云えるだろう。標準ではドメインログオンには使用できないが、対応した(おそらくより精密な判別が出来る)バージョンも登場する予定とのこと



Reported by square


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3104d)