写真で見るNTTドコモ musea (前編)

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2002年9月1日(日)版

写真で見るNTTドコモ musea (前編)

ドコモのお手頃PocketPC新モデルが登場

←特徴へ↑↑ドコモ「musea」記事↑↑→写真後編へ

■写真で見るmusea(ミュゼア)

・筐体

筐体のシルバー部分はアルミ製。削り出し風の塗装が施されているようで、金属っぽいピカピカはほとんど感じられず、高級感がある。また、金属筐体だけあって、剛性もなかなかのものだ。握った手に力を込めた程度ではびくともしない感覚が頼もしい。最近では樹脂筐体もかなり頑丈になっているので「落とした時に壊れやすいかどうか」という意味では似たようなものかもしれないが、持ち歩くデバイスとしては金属の方がなんとなく安心できるように思える。
筐体前面・背面の継ぎ目になっている青い部分はどうやら樹脂製だ。光沢のある塗装が施されており、デザイン上のアクセントになっている。
museaはいろいろな部分でカシオペア E-2000と設計が共通になっている(後述)が、ことデザインに関しては全く別物だといってよい。以前E-2000のレビューでは「高級感に欠ける」と書いたものの、museaに関してはそのような印象は全くない。ことデザインだけに関して言えば、現行PocketPCの中で最も一般受けする”スタイリッシュな”端末に仕上がっている。スペック上の魅力はイマイチではあるものの、デザイン重視で選ぶなら筆頭候補になりうるのではないだろうか。

液晶保護カバーを閉じた時の佇まい。テカテカ光る部分がほとんどないため、悪目立ちしない印象がある
液晶保護カバーを外した状態。液晶が3.5インチと小さめなため、特に筐体上部が「空いてしまっている」ように見える。カバーを付けておけば大丈夫なので、多くのユーザーはカバーを外さないのではないだろうか

デザイン以外に筐体で特筆すべきは、「特徴」の項でも述べたように「薄い」こと。これは写真ではなかなかわかりにくいので、実際に店頭などで手にとって体感してほしい。普段Genio e550Gを使っている筆者が持ったときにも「薄い!」と驚いてしまったほどだ。

・筐体背面

筐体背面は非常にフラットなデザイン。museaは他機と異なり、スピーカーが背面に配置されているのが特徴だ。音量はやや小さめ、音質は他機と比べて可もなく不可もなくといったレベルになっている。ただし、手に持った状態ではスピーカーが手のひらに当たってしまうので、音がこもってしまう。
リセットスイッチも背面に配置されている。スタイラスでリセットすることが可能だ。

筐体背面。スピーカーとリセットスイッチ以外に目立ったギミックはない。右側についているのは、バックアップバッテリスロットの蓋をロックするためのスイッチだ
CFスロットはダミーカード方式。筐体外装が切り欠き状になっているので、CFメモリであれば縁に爪を引っかけて取り出すことになる。マイクロドライブは同梱のCF取り出しツールを利用する

・筐体左サイド

筐体左サイドには赤外線ポート・ストラップホール・電源コネクタ・バックアップバッテリスロットが配置されている。

写真が見にくくて申し訳ないが、最上部にはストラップホールがある。写真左に見えているスロットのようなものがバックアップバッテリを入れる場所だ

・筐体上面

筐体上面にはヘッドフォンジャック(カシオペア用リモコン付きヘッドフォンにも対応)・CFスロットが配置されている。CFスロットはダミーカード方式だ。なお、液晶保護用のハードカバーは筐体上面に装着する。最大でも180度以下しか開かないようになっているため、CFスロットに挿した通信カードと干渉するようなことは起きない。カバーは樹脂製で強度的には弱そうだが、携帯時の液晶保護という目的には十分なレベルだ。

筐体上部。また写真が見にくくなってしまったが、前面上部は液晶カバーの軸を取り付けるために凹んでいる

・筐体下部

筐体下部にはクレードルや携帯電話通信ケーブルを接続するためのポートが配置されている。museaはE-2000をベースとして開発されたらしく、このポートの形状はほぼ同じだ。ただし、筐体自体の形状が違うため、クレードルの流用は不可能だった。通信ケーブルが流用できるかどうかは不明。

E-2000(下)との筐体下部比較。ポートの形状やピン数まで同じことがお分かり頂けると思う。機会があれば、E-2000用のUSBホストケーブルが動作するかどうか試してみたいところだ

・インジケータ

筐体前面上部に配置されているインジケータは、アラーム・充電中・充電完了を表すと同時に、CFカードへのアクセスを示す機能も有する。通信系カードのアクセス時には点灯せず、ストレージカード系に対するアクセス時にのみ点灯するのはE-2000と同様。
なお、液晶カバーにはちょうどこの位置に穴が空いているため、カバーを閉じた状態でも点灯が確認できる。

CFメモリへのアクセス時にはインジケータが赤く点灯する。充電時にも赤く点灯し、充電完了時には緑色に変化する



写真で見るNTTドコモ musea (前編)

Reported by square


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3771d)