無線LAN倶楽部シンクロサービス体験レビュー[第1回] NTT-BP無線LAN倶楽部とは?

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2002年10月8日(火)版

無線LAN倶楽部シンクロサービス体験レビュー[第1回] NTT-BP無線LAN倶楽部とは?

「無線LAN倶楽部」シンクロサービスモニタ体験レビュー


■はじめに

最近、カフェやホテルなどの「町のスポット」でインターネットにアクセスできることが多くなっていることにお気づきだろうか?
マクドナルド、ダイエー、スターバックス、ホテル、一部ではあるが様々なスポットから無線でインターネットに接続できる。このようなインターネットに接続できる場所を総称して「ホットスポット」と呼ぶことが多く、課金体系は各社様々であるが月額2000円前後でスポットが使い放題になる場合が多い。

■無線LAN倶楽部とは?

無線LAN倶楽部とはNTT-BPという7月に新設された会社の持つ「ホットスポット」に接続できる会員制サービスだ。
現在トライアルサービス中で、モニタ限定でサービスを行っている。
新宿駅・品川駅・上大岡などのホームや、京王プラザホテルなどのホテルなどのスポットからインターネットにアクセスできる。(無線LAN規格 IEEE802.11b)
現在は京急・京王沿線の一部の駅と、ホテルやカフェに無線LANスポットが設置されている。

インターネットにアクセスできる無線LANスポットに貼ってあるシール
品川駅では少しわかりにくい改札の前にもシールが・・。


■特徴的なサービス

PDA(PocketPC等)にはまだまだ携帯電話にはない特徴・特色がある。例えば携帯電話の画面よりも大きく、発色数が多いTFT液晶画面はコンテンツをより美しく、見やすく表示してくれる。

今回私がなぜこの無線LAN倶楽部のモニタとして、サービスを体験したか、というと・・・。この「無線LAN倶楽部」では「PDAでコンテンツをシンクロする」という大変便利なサービスが提供されているからである。これはスポットで、「あらかじめ登録したコンテンツをダウンロードできる」というものだ。しかも、コンテンツが新しくなった場合もボタン一つでコンテンツをダウンロードし、入力作業をせずに簡単にコンテンツを楽しむことができるのだ。

さらに無線LAN倶楽部では日立製作所が展開する「advansyncro」とbemap社が展開する「AirCompass」、2つのシンクロサービスがあり、モニタになると両方のサービスを使うことができる。


第2回に続く



無線LAN倶楽部シンクロサービス体験レビュー[第1回] NTT-BP無線LAN倶楽部とは?

Reported by 22


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3770d)