うわさの最薄・最軽量ASUSTek MyPal A600 本体全方向写真でみるMyPal A600

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2002年9月24日(火)版

うわさの最薄・最軽量ASUSTek MyPal A600 本体全方向写真でみるMyPal A600

うわさの薄型Pocket PC 2002端末、日本発売はあるか?

←戻る  


■ はじめに

 約1ヶ月前に日本では未発表のPocket PC 2002「ASUSTek MyPal A600」について紹介した。「ASUSTek MyPal A600」は、薄さ13.8mm でかつ軽量なPocket PC 2002端末だ。SD/MMCメモリスロットを1つしか内蔵していないが、システム手帳代わりのPIMとして使いたい人には逆にもってこいのデバイスになっている。この「ASUSTek MyPal A600」の本体の全方向写真の利用許可がもらえたので、WindowsCE FANでも、ご紹介したいと思う。

 これを書くのは二度目だが「ASUSTek」は、台湾の企業で、PC自作ユーザーにはお馴染みの、老舗のマザーボード大手だ。日本での販売は未定だが、ユーザーの声が大きければ、きっと日本にも投入されるに違いない。さらに続報を待たれたし。

 なお、スペック表等については、本レビュー末尾の「関連記事」のところをご参照いただきたい。

■ ASUSTek MyPal A600

 これが、MyPal A600の全方向からの写真だ。裏面写真だけはないが、またの機会に紹介するとしよう。写真を見て分かるとおり、13.8mmはやはり薄い。上部には、SD/MMCメモリスロットとIrDA、ヘッドホン端子がある。左側にはジョグダイヤルとパワーボタン、録音ボタンに、ソフトリセット穴がある。キーは全部で4つと一般的だ。MyPal A600は、この他拡張スロットで CFカード等が使えるようになるそうなのだが、この写真からは残念ながら、拡張スロットの形状、増設方法はわからない。本体下部に「Expansion Connector」とあるので、ここから拡張するのだろうか。もしくは、まだ見ぬ裏面に拡張コネクタがあるのかも。

 日本発売のうわさも聞こえてこない同機であるが、XScaleを搭載した電子手帳志向のモデルとしてなかなかよいのではないかと思う。どこか、OEMして販売してみるのはいい案なのではなかろうか。

 また最新情報が分かり次第ご報告したい。

クリックするとMyPal A600写真の高精細イメージがご覧になれます



うわさの最薄・最軽量ASUSTek MyPal A600 本体全方向写真でみるMyPal A600

Reported by けいたん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3100d)