スタイラス操作テニスゲーム「Tennis Addict」 【第2回】操作方法をチェック!

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2002年9月30日(月)版

スタイラス操作テニスゲーム「Tennis Addict」 【第2回】操作方法をチェック!

本格派テニスゲーム登場!!

←第1回↑↑本記事一覧へ↑↑→第3回

ソフト購入ソフトウェアライブラリ
詳細情報デモ版はありませんおすすめ
TOP



■操作方法のポイントチェック!

 「Tennis Addict」はすべてスタイラス操作であり、慣れるまで若干時間がかかる・・・ということを前回の記事で記述したと思うが、とはいっても少しでも早く皆様方が慣れてもらうために作者自身が基本操作方法とそのポイントを簡単ながら紹介したいと思う。

STEP1 移動方法




移動方法はいきたい場所をタップするとそこに自動的に移動してくれる。試合ではボールの飛んでくるところにワンタップし移動しよう。

STEP2 コースを選択し打つ




移動ができらたら次はショットをするのだが、ここでは打ちたい方向にプレイヤーからペンをスライドさせて方向を決める。赤いラインがでてくるのでこれでボールの飛んでいく方向がわかる。あまりコートの奥のほうまでラインを伸ばすとバックアウトするのでこのあたりは注意が必要だ。
この操作が一番難しいところといえるかもしれない。「移動→ショット」この一連の動きはしっかり練習してスムーズに行えるようにしておこう。

STEP3 定位置に戻る




テニスの基本は打った後中心位置に戻ることだ。STEP1の移動方法を同じ要領で戻ろう。




■練習モードでためしてみよう!

 ここまで頭にいれたら実際に練習モードでプレイしてみよう。練習モードは「リターン」「サーブ」の2種類があり、指定したコースが実際にどこに飛んでいくかが赤表示される。ここでサーブのコツ、リターンのコツを習得しよう。
 

○サーブ

サーブのトレーニングでは、まずどのコースにボタンを設定するとどこに球が飛んでいくかというコツを身に付けよう。トレーニングモードでは球が飛んでいく場所が表示されているのでコツがつかみやすいはずだ。本番ではファーストサーブでいかに相手をコートの外に追い出せるかでだいぶ試合運びが変わってくるはずだ。


○リターン


リターンのトレーニングではプレイヤーの動かし方、ストロークやボレーのコツをつかもう。とくに操作に特徴のあるこのゲームではこの練習ははずせないぞ。




スタイラス操作テニスゲーム「Tennis Addict」 【第2回】操作方法をチェック!

Reported by HIRO


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3621d)