ソニーCLIE PEG-NX70V 第2回 パッケージ内容紹介

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2002年10月22日(火)版

ソニーCLIE PEG-NX70V 第2回 パッケージ内容紹介

XScale PXA250 200MHz搭載のPalm互換機、CF/MSの2スロット内蔵

← 戻る  

本稿は「ソニーCLIE PEG-NX70V 第1回 PEG-NX70V がやってきた」の続きとなります。

これがパッケージ内容一式

■ PEG-NX70V のパッケージを開封したゾ!

 さて、前回に続いて、お決まりのパターンだけど、今回は、PEG-NX70Vのパッケージ内容をご紹介しよう。パッケージの中には下記のようなものが、含まれている。

  • 本体(スタイラス/CFカードスロット用ダミーカード入り)
  • USBクレードル
  • ACアダプター
  • ステレオヘッドホン(ミニジャック)
  • オーディオ用リモコン
  • インストールCD-ROM
  • ストラップ
  • 各種マニュアル

 以上のように、パッケージ内容には特筆すべき点があるわけではない。ところが、眺めていると… ん…?! なんだこれは? 見慣れぬ3センチ四方程度の黒いプラスチック片が… 思わせぶりな「DC IN」と「USBマーク」の穴… なんだこれは?!

■ クレードル無しでも充電できる! が…

 マニュアルを見たところによると、謎のプラスチックコネクタは「プラグアダプター」なるものであることが判明した。なるほど、「DC IN」の穴にはACアダプターの先がつながり、プラグアダプター自体をCLIEの底面のコネクタに挿すことによって、クレードル無しでも充電ができてしまう、というわけだ。これはなかなか便利だ。

 しかも、USBの穴(一般的なUSBのコネクタではない)に何かケーブルつっこむことで、クレードル無しでのHotSyncも可能なように見える。ということは、クレードルは職場に置きっぱなしでも、自宅ではこの「プラグアダプター」を利用して充電&HotSyncができるのだろうか?

 残念ながら実際には下記のような状況だ。

  • ACアダプターは一つしかついてこない。
  • この「プラグアダプター」のUSB端子に関しては、どこにも一切記述がない
  • 当然専用のUSBケーブルもついていない。

 というわけで、クレードルなしで充電&HotSyncが両方できるのでは? と期待したが、現時点では、充電はできるものの HotSync は実現していない。解決方法をご存知の方、もしくは、解決方法を発見された方はぜひ、ご連絡いただきたい。


なぞの小型コネクタ
ACアダプターはつながったけど…

■ メモリースティックは付属しない

 PEG-NX70V で残念な点はこれだけではない。
 これまで筆者が購入してきたソニー社製のメモリースティック対応製品には、おまけ程度の容量でも、しっかりとメモリースティックが同梱されていた。(おかげで、4Mとか8Mとかいった中途半端なメモリースティックが行き場もなく、自宅に転がっている…)

 しかし! ない! どこを探しても、CLIE PEG-NX70Vには、メモリースティックが同梱されている形跡がない! 本体のメモリースティックスロットにこっそり忍ばせてあるのかな…という甘い期待もすぐに裏切られた。どうやらメモリースティックは自分で買ってねん、という方針のようだ。

 念願の動画録画にも対応し(詳しくは今後のレビューで!)、ますますメモリースティックの利用し甲斐がでてきたというのに、これはチト残念だ。というわけで、自宅にメモリースティックがなく、CLIE PEG-NX70V で内蔵カメラとか、オーディオ機能を楽しみたいと考えている場合には、ぜひあわせてメモリースティックも購入しておきたい。そうしないと、CLIEを買ってきたのに、内蔵カメラとかオーディオ機能を利用できず、せっかくの機能もおあずけくらってしまうことになる。(余談だが、筆者は幼少の時期、そりゃもうやっとの思いでスーパーファミコンを買ってもらったのはいいものの、実はACアダプターと映像ケーブルが別売りで、社会の厳しさを思い知らされた経験がある。今回もそんな感じ!)

本体。この自慢げなシールはやめてほしいなぁ…

■ 「ビシュゥゥッ ピロロロン!」

 「ビシュゥゥッ ピロロロン!」

 開口一番、充電しようとクレードルに鎮座したCLIEが突如として放った音が、これである。正直かなりビックリした。これまで無愛想で寡黙なPalm m505に慣れていた筆者には、ゲーム機を思わせる、この華麗な音はいささか刺激が強すぎた。一瞬でCLIEの虜…。この音で、これまで書いてきた残念な点は、すべて帳消しだ。すっかり充電中のランプが消えるのを待ちわびている。これが、ソニーの、CLIEの魅力なのか?

 さて、箱を開けただけで、第2回も終わってしまうが、次回は本機種の生い立ち等についても触れてみるようと思っている。エッ、その前に早く電源入れろって?
 他にもご要望のある方は、ぜひご一報ください。



ソニーCLIE PEG-NX70V 第2回 パッケージ内容紹介

Reported by きとぷん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (4203d)