専用ケースに入れれば、ノート型に変身? ピュア・タブレット型なのに多様な形態のペースブレード

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2002年10月23日(水)版

専用ケースに入れれば、ノート型に変身? ピュア・タブレット型なのに多様な形態のペースブレード

WPC EXPO 2002 レポート ブロードバンド時代 = ユビキタス・ネット社会を拓く =

 ↑↑WPC EXPO 2002↑↑ 

■ ピュア・タブレットなのにノート型にも変身?

 本サイト TabletPC.jp の説明では、タブレットPCにはキーボードと一体型でノートパソコンのような形状をした「コンバーチブル型」と、キーボードが分離されている「ピュア・タブレット」の2種類があると言ってきた。

 ところが、WPC EXPO 2002 の会場で展示されていたペースブレードジャパンの「PaceBook」をベースとしたタブレットPCでは、ピュアタブレット型ながら、専用のソフトケースにタブレット本体とキーボードをそれぞれ収納するとノートパソコン的にも利用できてしまうと言うユニークな特徴を持つ。欧州をはじめ、世界でも評価されたそのデザインをご紹介しよう。

■ 変身後の姿は残念ながらありません

 「変身ノート型」というコンセプトを紹介しておきながら、実際には、WPC EXPO の会場では、このノート型として利用しているシーンは見かけることができなかった。ただし、同社のホームページに行くと、タブレットPCではない、従来の WindowsXPベースのタブレットマシン「PaceBook」の紹介がある (2002年10月現在)。基本的なハードウェアは同じものだと考えられるため、興味のある人はぜひ同社のサイト にアクセスしてみよう。



キーボードと本体の形が微妙に
回転させると重ねられそうなところに注目
本体上部のボタン。
アイコンを見ると左から
画面回転、電源、メニューのようだ
本体下部。ペンで入力。
意外と見やすい液晶パネル
サイドにはさまざまなインターフェースがある
ケーブルで見えにくいがスクロールボタンっぽいもの
がみえる。上部は決定orキャンセルボタン?
キーボードと並べたところ。
テレビメディアも注目する逸品?



専用ケースに入れれば、ノート型に変身? ピュア・タブレット型なのに多様な形態のペースブレード

Reported by けいたん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3848d)