コンテンツチケットとは? 「サービス概要と利用方法」を紹介

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2002年10月28日(月)版

コンテンツチケットとは? 「サービス概要と利用方法」を紹介

ポイントシステム機能付き、PDAでダイレクト決済も可能な新サービス登場



■コンテンツチケットとは?

 家電量販店で電化製品を購入すると、15%のポイント還元!そのポイントでまた新しい、欲しい電化製品が買えてしまう。いまやごく一般的なサービスだが、利用者にとっては、ひとつの楽しみであり、且つ、非常にありがたい付加サービスである。

 それとよく似たサービスが、PDAの販売サイトで登場した。それが@irBitwayが新しくサービスを開始した「コンテンツチケット」だ。「コンテンツチケット」とは、ポイントシステム付き機能(チケット還元)と電子マネー的な機能を持ったチケットで、1チケット=1円としてPDAソフトの購入に利用できるサービスである。

■ポイントとしてチケットが還元される場面は?

 ソフトを購入すると購入額の3%が毎回ポイントとしてチケットバックされる。そして、たまったコンテンツチケットでソフトがまた購入できてしまうという本サービス。ソフトを頻繁に購入する人にとってはなんともありがたいサービスである。それ以外にもチケットが還元される場面がいくつかあるのでチェックしておこう。

コンテンツチケットとしてポイントが還元される場面は以下の通りである。

・チケットバック コンテンツ購入額の3%をチケットバック(クレジットカード、デジコインによる支払い)
・プレミアムチケット コンテンツチケットのチャージ額(購入額)に応じて加算( 250チケット/ 5,000円、 1000チケット/ 10,000円)
・イベントチケット イベントによってユーザ様へプレゼント(キャンペーン応募、アンケートの回答・・・etc)

※但し、コンテンツチケットでソフトを購入した場合には、チケットは還元されないので注意が必要だ。

■コンテンツチケットを買ってみよう!

 多くのポイントサービスは、買った分だけポイントがもらえるというサービスだが、コンテンツチケットはそれだけではなく(チケット還元機能)、電子マネー的な役割も兼ね備えているのが特徴だ。なので、”コンテンツチケットそのものを購入”することも可能だ。

※但し、コンテンツチケットの購入は、PCからのみとなっており、PDAからは直接購入できない。
(ソフトの購入は、PDAからでもコンテンツチケットが利用できる。)

 コンテンツチケットの購入は、@irBitwayホームページの「会員メニュー」内の「コンテンツチケット照会・購入」から行うことができる。(なお、本サービスを利用する前に、@irBitway会員登録が必要である)

@irBitwayの会員メニューページ。このページにある「コンテンツチケット照会・購入」メニューでコンテンツチケットが購入できる。
購入ボタンを押すとコンテンツチケットの購入手続き画面が表示される。

コンテンツチケット購入画面。購入金額は「クレジットカードは500円以上、コンビニ、銀行は2,500円以上」から選択可能。
コンテンツチケットを購入!500円のコンテンツチケットを購入した。

なお決済方法だが、クレジットカードの他に、コンビニ、インターネットバンクからも選択可能となっている。クレジットカードを持っていない人、またはクレジットカード決済が心配な人にも安心して購入できるようになっている。

 
クレジットカード
コンビニ
インターネットバンク
購入方法
・日本信販 ・LAWSON「Loppi」 ・イーバンク銀行
・VISA ・セイコーマート「セイコーマートクラブステーション」
・ジャパンネット銀行
・Master    

■コンテンツチケットでソフトを購入してみよう

 それでは早速、購入したコンテンツチケット(もしくは、たまったコンテンツチケット)でソフトを購入してみることにしよう。コンテンツチケットでのソフト購入方法はいたって簡単。普段ソフトを購入する感じで、まずはお気に入りのソフトを見つけ、購入ボタンをクリックする。すると、今までは決済方法としてクレジットのみだったものに新たに追加されて、コンテンツチケットというボタンがあるのでそれを選択する。

”お支払い金額”と”残りのコンテンツチケット数”が表示されるので、コンテンツチケットが購入金額に満たしていれば、チケットでソフトを購入することができる。(家電量販店のポイントカードのように、10,000分はポイントカード、残りは現金でというように小分けできないので注意が必要だ。)

※但し、全てのコンテンツがPocketPCから購入できるわけではない。データ容量が重いコンテンツ、PCからインストールする必要があるコンテンツに関しては、直接PocketPCから購入することができないので注意が必要だ。



お気に入りのコンテンツを購入しよう!今回は、「COBRAタイムドライブVol.9」を購入してみた。


お支払い方法選択画面。「クレジット、コンテンツチケット、デジコイン」の3つの中から選択できる。
 


購入内容確認画面。手持ちのチケットと支払い額を確認しておこう。


コンテンツ購入完了画面。残りのコンテンツチケット数が消化されているのがわかる。

 もちろん言うまでもなく、コンテンツチケットでのソフト購入は一手段なので、今まで通りクレジットカードでコンテンツを購入することもできる。コンテンツをクレジット決済すると購入額の3%がチケットバックされるので、利用用途に合わせてコンテンツショッピングを楽しんでいただきたい。

■おわりに・・

 今年になって続々と無線LANアクセスサービス(通称ホットスポット)が登場したおかげで、最近では、PC、PDAを利用した外出先でのブロードバンドライフがより身近になりつつある。

 PDAでの利用シーンがますます広がり、外出先、通勤途中、営業先に行く途中など、シーンに関係なく欲しい時に欲しいモノを手に入れたい、というようにありとあらゆるニーズ・ウォンツが期待される中、本サービスの登場は、ソフトを頻繁に購入する人にとって素直にうれしいサービスと言えるだろう。ぜひ、この新しいサービス「コンテンツチケット」を利用してみてはいかがだろう。



コンテンツチケットとは? 「サービス概要と利用方法」を紹介

Reported by なかもと


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3122d)