ソニーCLIE PEG-NX70V 第5回 遂にセットアップ CLIE PEG-NX70V!

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2002年10月25日(金)版

ソニーCLIE PEG-NX70V 第5回 遂にセットアップ CLIE PEG-NX70V!

XScale PXA250 200MHz搭載のPalm互換機、CF/MSの2スロット内蔵

← 戻る  

本稿は「ソニーCLIE PEG-NX70V 第1回 PEG-NX70V がやってきた」の続きとなります。

■ ついに CLIE PEG-NX70V をセットアップ

 おまたせしました! とうとうCLIE PEG-NX70Vをセットアップしていこう!
ちなみに実は筆者は最近自宅のPCを買い換えたため、Palm OS関連のソフトウェアは全く入っていない状態だ。

 CLIE PEG-NX70Vに付属してきたインストールCDをPCのCD-ROMドライブに入れると、自動再生でおもむろにインストレーションプログラムが起動する。さぁ、早速インストールだ!

■ 「CLIE Palm Desktop」のインストール

 まずはインストレーションプログラムの指示にもあるように、CLIE Palm DesktopをPCにインストール。この作業によってPalm Desktop(PC上のプログラムへのショートカットには「CLIE Palm Desktop」と表示されるが、特別なカスタマイズがされているわけでなく、普通のPalm Desktopバージョン4.01がインストールされる)、HotSyncマネージャ、およびその他ヘルプファイル等が使えるようになる。
 インストール自体は難なく終了! ちなみに同ソフトに必要なPCスペックは以下の通り。特に高いスペックが要求されているわけでもないので、ここ1〜2年に購入したPCならまず問題ないはずだ!

OS Windows98 SE、WindowsME、Windows2000 Professional、
WindowsXP HOME Edition、WindowsXP Professional
CPU Pentium? 400Mh以上
(Pentium? 500Mhz以上推奨)
RAM 96MB以上
(128MB以上推奨、但しWindowsXPの場合は256MB以上推奨)
ハードディスク 200MB (350MB以上推奨)
ディスプレイ High Color以上、800*600ドット以上推奨

ここから、ソフトを選んでインストール!
デバイスの認識動作なく、HotSyncがはじまってしまった…

■ HotSyncしてみるぞ!

 無事にCLIE Palm Desktopのインストールも完了したところで、次は端末をPCに認識させてやらなければならない。マニュアルの指示通り、クレードルのUSBケーブルをPCに挿し、CLIE PEG-NX70Vをクレードルに寝かせ、HotSyncボタンを押す! さぁ、これでPCがCLIEを認識、デバイスドライバのインストールがはじまるはずだ!! …が、筆者の環境ではデバイスドライバの認識をせずに、ちょっとの間をおいた後すぐにHotSyncがはじまってしまった。これはどうしたことだろう?? 上述の通り、筆者はこのPCでPalm端末を認識させるのは初めてなのだが… まぁ無事に問題はなくHotSyncも終了したため、深くは考えないようにしよう。(フルスクリーン表示のインストレーションプログラムを起動したままであったため、実はデバイスドライバのインストールを通知するダイアログはその「裏」に立ち上がり、筆者が気づかぬうちにインストールが行われていたのかもしれない。ちなみに筆者の利用OSはWindowsXP Professional SP1)

■ 動作画面公開!

 これでCLIE PEG-NX70Vを使う準備は整った! 筆者も一瞬で心を奪われた、本機の華麗な画面をもって、今回のレビューをしめくくりたい。これらのイメージでどれだけ伝わるかわからないが、本当にCLIE PEG-NX70Vの画面は綺麗! 320 x 480ドットの真髄ここに見たり!



これがPalmの画面か?!
Graffitiエリアをだしてみた。
なんとFlashも再生できるぞ!

 これからは、CLIE PEG-NX70Vの画面イメージをどんどん交えながら、レビューをするぞ!




ソニーCLIE PEG-NX70V 第5回 遂にセットアップ CLIE PEG-NX70V!

Reported by きとぷん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3101d)