本格的な囲碁対局が可能な お気軽囲碁対局 for Pocket PC - その1

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2002年10月28日(月)版

本格的な囲碁対局が可能な お気軽囲碁対局 for Pocket PC - その1

人気の囲碁をPocketPCで楽しもう!

 ↑↑記事一覧へ↑↑その2へ→

ソフト購入 ソフトウェアライブラリ
詳細情報 デモ版
Download
TOP
新着順

■PocketPCで本格囲碁対局を楽しもう!

 「お気軽囲碁対局 for Pocket PC」は、本格的な囲碁対局が楽しめるソフトだ。このソフトは元々Palm用としてリリースされており、囲碁ファンのみならず様々な場所で高い評価を受けてきた。

 今まで、囲碁というと中高年に人気があったためか“おやじくさい”というイメージが常に付きまとっていた。しかし、最近ではアニメ「ヒカルの碁」効果でいままで碁石など触ったこともなかった若年層や主婦層を中心に囲碁人気が高まってきている。そのため、囲碁に対するイメージも「かっこいい」と一新され、囲碁が持つ本来の面白さや深さが認知されてきた。

 そんな中、ついにPocketPC用としてリリースされた「お気軽囲碁対局」は、コンピュータを相手に囲碁の対局を行うのだが、最近囲碁を始めたという初心者から何年ものキャリアを持つ上級者まで楽しめるように、碁盤が9路盤、13路盤、19路盤と3種類あり、また、コンピュータのレベルも1〜9と設定が可能だ。他にも、9子局までの置碁対局や棋譜の保存・再生機能、任意の局面を設定し継続対局できる局面設定対局など様々な特徴を備える。詳しくは後ほどお伝えするので、本レビューを参考にこのソフトの特徴をつかんでいただきたい。

 そのように、囲碁を楽しむための本格的な機能を搭載することに加え、考慮時間が短く、対局はいつでも中断可能で再開させることも可能なため、ちょっとした休憩や通勤時などに手軽に楽しめるモバイルとしても最適だ。脳細胞を活発にする働きのある囲碁で、仕事の疲れや眠気を解消し頭をリフレッシュしよう!


■まずはインストール!

 それでは、早速「お気軽囲碁対局 for Pocket PC」をインストールしてみよう。まずは、お使いのPocketPCのCPUに合わせてソフトを以下からダウンロードし、ダウンロードしたファイルを解凍しよう。解凍後できたCABファイルをPocketPCにコピーし、ファイラーなどを用いPocketPC側で実行するとインストールが行われる。

 ・SrtongARM用
 ・MIPS用
 ・SH3用

 本ソフトはシェアウェアのため、ライセンスキーの購入前では 9路盤:対局手数10手まで、13路盤:対局手数20手まで、19路盤:対局手数36手までという制限が付く。実際にプレイして気に入ったら上記アイコンより購入しよう。


■実際にプレイしてみよう!

 それでは、「お気軽囲碁対局 for Pocket PC」で実際に囲碁を楽しんでみよう!

Step1.ソフトの起動

 ソフトのインストール後、PocketPCのスタートメニュー>プログラム>ゲーム>お気軽囲碁をタップし起動する。


Step2.メインメニューの表示

 ソフトが起動するとメインメニューが表示される。まずは、「対局条件」をタップしよう。


Step3.対局条件の設定

 ここで、以下の項目について設定する。

  ・19路盤、9路盤、13路盤から路盤を選択
  ・黒番か白番、または相手がコンピュータではなく人対人の対人戦を選択
  ・互先、定先、九子までの置き碁の設定
  ・1〜9までのコンピュータのレベルを選択

 条件設定が終わったら「OK」をタップしよう。


Step4.対局開始

 メインメニューから「新規対局」をタップすると、対局が開始される。黒番から石を打とう。


Step5.対局終了 - 死石の選択

 対局も終盤になりパスが連続すると終局となる。その際、判定は自動で行われないため、自分で死石を選ぼう。


Step6.対局終了 - 結果表示

 死石を選んだら「完了」をタップしよう。自動的に地が計算され勝敗の結果が表示される。




本格的な囲碁対局が可能な お気軽囲碁対局 for Pocket PC - その1

Reported by カツヤ


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3100d)